企業について

ラスベガスの基本情報をチェック!

アメリカ西部のネバダ州クラーク郡に一するギャンブラーの聖地、ラスベガス。「一生に一度は行ってみたい」と夢見ている人も、数多くいることでしょう。大人気の旅先のラスベガスの基本情報をまとめました。(とはいえ、日本からラスベガスは遠いですよね…。オンラインカジノhttps://bestjapanesecasinos.comなら自宅から遊べます。カジノエックスもおすすめですよ)。 概要 ラスベガス自体は実は小さな街で、徒歩でまわれます。観光用のモノレールやバスもたくさんあります。また夜も人通りが当然多く、ほとんどが旅行者なため、実は治安も大変良いのです。 大都会のイメージのラスベガスですが、実は広大な砂漠の中に位置しています。別の州から車で向かうと、砂漠の向こうから輝く街が現れます。グランド・キャニオンやレッド・ロック・キャニオンにも車でアクセス可能なため、セットでまわるのがおススメです。アメリカ人はロードトリップで周る人も多いです。 「ラスベガス・ブールバード」というメインの大通りは、通称「ストリップ通り」とよばれます。道沿いには数々のカジノを有する巨大テーマホテルが…。ラスベガスの各ホテルは昨今ではホテル自体のテーマやイベントに力をいれており、様々なアトラクションがホテル内や併設施設で楽しめ、カジノをプレイしなくても楽しめるようになっています。 世界有数の旅行地なだけでに、レストランも充実。また、エンターテイメントの街として、有名アーティストのコンサート、サーカスのシルク・ドゥ・ソレイユ、各種スポーツ施設も充実。遊ぶのに事欠きません。 日本からラスベガスへの行き方 ラスベガスの空港はマッキャラン空港です。以前はマッキャラン空港まで成田空港から直行便が飛んでいたのですが、現在では無くなってしまいました。 そこでまずロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルのどれかまで飛び、乗り換えが必要になります。乗り換え時間も込みで計算すると、成田空港→ラスベガスのマッキャラン空港までの所要時間は、約13時間となります。 日本との時差 […]

企業について

日本の企業形態、四つの会社の種類とは?

日本には4種類の企業形態があります。一般的には株式会社と有限会社がほとんどです。日本企業の構成員には、企業が損失を出した場合の責任の形態が二種類あります。有限責任と無限責任です。有限責任の場合、出資した分の額までしか責任を負いませんが、無限責任の場合は損失がなくなるまで自己の資産を弁済に充てないといけません。 株式会社 株式会社(かぶしきがいしゃ)とは、日本の会社法に基づいて設立される会社形態で、株式と呼ばれる細分化された社員権を有する有限責任の社員(株主)のみから成るものの事である。出資者たる株主は出資額に応じて株式を取得し、配当により利益を得る。つまり株式市場から資金調達をし、株主に利益を配当する企業を株式会社と呼びます。有限責任の出資者、つまり株主からなります。 有限会社 有限責任の出資からなります。中小企業に適した企業形態です。 ※会社法の改正で現在は有限会社を設立できません。 ただし、改正以前から有限会社だった場合、そのまま以前と同様に有限会社と名乗るか、株式会社に変更してもよいことになっています。 合資会社 有限責任と無限責任の出資者からなります。大陸法上の会社形態で、コンメンダに由来する有限責任社員と無限責任社員から構成される組合類似の組織を有するのが特徴です。日本の他、フランス、ドイツ、米国ルイジアナ州などの大陸法諸国において認められる制度でありますが、英米法においてもリミテッド・パートナーシップと呼ばれる類似の企業形態が制定されています。日本法の法令用語としては日本の会社法上のものを指す場合と、類似の形態の外国会社を含む場合とがあります。日本法上の合資会社は、英語表記ではlimited partnership […]

企業について

大企業とはどんな会社を指すのか?

大企業とは具体的にどういった企業を指すのでしょうか。大企業と中小企業の違いについて、なんとなく規模の大きさが違うのだろうといったあいまいな認識になっている人は多いといえます。実は、中小企業基本法というもので中小企業の定義は決められています。 中小企業とは一般的に資本金の額または出資の総額が3億円以下であり、従業員の数が300人以下の会社を指します。また、中小企業基本法によって卸売り業やサービス業、小売業については異なる資本金額と従業員数が定められています。この中小企業基本法の中小企業の定義に当てはまらない企業が、大企業といえるでしょう。 知名度のある「大企業」とは 大企業になればなるほど仕事の規模は大きく、待遇も良くなります。出来るなら大企業に勤めたいと思う人は多く、実際に目指す人も多いですが、どのような企業が大企業に当てはまるのでしょうか。 CMや広告でよく見かける企業 CMや商品のポスターなど、広告でよく見かける企業は知名度のある大企業といえるでしょう。大企業であるほど広告や宣伝にお金をかけている企業が多いです。CMや広告は企業のイメージを左右するものであり、それだけ多額の費用を投資しているのです。 東洋経済オンラインによると、最もCMが視聴されている企業は花王です。日焼け止めや歯磨き粉など、日用品のCMが多くあります。紙おむつの「メリーズ」やボディウォッシュの「ビオレ」などのCMを見たことがあるはずです。2位は日本コカ・コーラ、3位はP&Gとなっています。 やはりCMや広告の効果は高く、宣伝がきっかけで商品を手に取ることはよくあるといえます。 海外でも知名度が高い 日本の一流企業は海外で知名度が高い企業も多くあると言えるでしょう。まず、大手一流企業は日本で会社の規模を大きくしたあと、海外進出を考える企業が近年増加しています。海外進出といっても、モノを売り買いするだけではなく、工場や営業所を海外に置き、そこで現地のスタッフが働くことも多いため、働き口として知られることも多くあります。 […]

企業について

日本で融資を受けるには?

融資とは、政府系金融機関である「日本政策金融公庫」や、民間の金融機関である「銀行や信用金庫(信用保証協会付け)」から必要資金を借りることを言います。 もちろん金融機関から借りたお金は毎月一定額を返済する必要があります。 例えば300万円の融資を受けて、7年間にかけて返済する条件であれば、約36,000円と利息(金融機関への支払い分)を返済していきます。 利息は条件によって異なりますが、それでも月々で割り返すと6,000円以下にはなります。 融資を受けるとその後も様々な使い方が出来る 融資を受けるメリットの中に1度融資を受けると、以後追加の仕入資金などに対して、再度融資が受けられる仕組みがあります。既に金融機関と取り引きがあれば、そのタイミングで融資による資金調達として柔軟に取引する事が可能です。 日本政策金融公庫で融資を受ける 日本政策金融公庫は『国が100%出資する金融機関』ということもあり、銀行よりも低金利ですし起業資金も融資してくれる心強い存在です。そんな頼りになる「日本政策金融公庫」から、融資を受ければ安泰です。例えば、中小企業経営者、個人事業主が「銀行で融資が受けられ無い」という場合に、日本政策金融公庫の融資制度が「事業資金の調達」や運転資金の調達をサポートする仕組みです。 日本政策金融公庫の事業は【国民生活事業/中小企業事業/農林水産事業】の三つに分類できます。このほかにも、危機対応等円滑化業務として、大規模災害が起こった場合の危機対応(被災地の企業へ金融の融資)、環境の変化や産業競争力強化のための融資などを実施しています。 信用保証協会からの融資を受ける […]

企業について

外国人が起業する場合のポイントと注意点とは?

近年、経営管理ビザを有する外国人の人数は、大きく増加しています。日本の市場規模は大きく、かつ、積極的に起業する日本人は少なく競争が少ないことなどから、外国人による起業のチャンスがとても大きいと言われています。 外国人起業家は経営管理ビザを取得した人だけでなく、日本国籍を取得した人、永住者や日本人・永住者の配偶者等などの在留資格の人も含まれますので、実際はもっと多くの外国人起業家が誕生していると思われます。 外国人が日本で企業するためには 外国人が日本で事業を経営するには、「永住者(特別永住者)・定住者・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等、高度専門職1号イロハ(一部職種に限定)・高度専門職2号」または「経営管理」の在留資格が必要です。 したがって、現在の在留資格を変更することなく起業できる場合と、経営管理ビザなど新たに取得する必要がある場合の2つのケースがあります。 ※現在の在留資格で事業経営が行える外国人の人でも、永住者・特別永住者・高度専門職2号を除いて「在留期間」があるので、もしも、在留資格が更新できない場合は事業経営ができなくなってしまうので注意が必要です。 日本での起業の流れと留意点 日本で起業をする場合、事業計画の作成(起業準備)→会社設立→事業の許認可取得→経営管理ビザの取得→資金調達→経営管理ビザの更新(事業開始後の業績・財務状況等の審査)の流れが一般的です。 経営管理ビザを取得せずに事業の経営ができる「永住者(特別永住者)・定住者・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等、高度専門職1号イロハ・高度専門職2号」の方は、当然ですが、経営管理ビザの取得と経営管理ビザの更新が除外されます。 外国人の方が用意するもの […]