ラスベガスの基本情報をチェック!

アメリカ西部のネバダ州クラーク郡に一するギャンブラーの聖地、ラスベガス。「一生に一度は行ってみたい」と夢見ている人も、数多くいることでしょう。大人気の旅先のラスベガスの基本情報をまとめました。(とはいえ、日本からラスベガスは遠いですよね…。オンラインカジノhttps://bestjapanesecasinos.comなら自宅から遊べます。カジノエックスもおすすめですよ)。

概要

ラスベガス自体は実は小さな街で、徒歩でまわれます。観光用のモノレールやバスもたくさんあります。また夜も人通りが当然多く、ほとんどが旅行者なため、実は治安も大変良いのです。

大都会のイメージのラスベガスですが、実は広大な砂漠の中に位置しています。別の州から車で向かうと、砂漠の向こうから輝く街が現れます。グランド・キャニオンやレッド・ロック・キャニオンにも車でアクセス可能なため、セットでまわるのがおススメです。アメリカ人はロードトリップで周る人も多いです。

「ラスベガス・ブールバード」というメインの大通りは、通称「ストリップ通り」とよばれます。道沿いには数々のカジノを有する巨大テーマホテルが…。ラスベガスの各ホテルは昨今ではホテル自体のテーマやイベントに力をいれており、様々なアトラクションがホテル内や併設施設で楽しめ、カジノをプレイしなくても楽しめるようになっています。

世界有数の旅行地なだけでに、レストランも充実。また、エンターテイメントの街として、有名アーティストのコンサート、サーカスのシルク・ドゥ・ソレイユ、各種スポーツ施設も充実。遊ぶのに事欠きません。

日本からラスベガスへの行き方

ラスベガスの空港はマッキャラン空港です。以前はマッキャラン空港まで成田空港から直行便が飛んでいたのですが、現在では無くなってしまいました。

そこでまずロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルのどれかまで飛び、乗り換えが必要になります。乗り換え時間も込みで計算すると、成田空港→ラスベガスのマッキャラン空港までの所要時間は、約13時間となります。

日本との時差

ラスベガスと日本の時差は基本、「ラスベガスが17時間遅れ」です。サマータイムは16 時間遅れです。(3月の第2日曜日の 2:00amにサマータイムに切り替え、11月の第1日曜日の 2:00amにウインタータイムへの切替となる)

すぐ南のアリゾナ州はネバダ州と時差が-1時間ありますが、サマータイムがない為、サマータイムの時期はラスベガスと同時刻になります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*