北海道の中古車販売会社設立開業代行

中古車販売業
何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の中古車販売会社設立開業サポートサービスをご利用ください!
中古車販売の会社設立と開業とは
 安曇信一郎(仮名)さんは、札幌市内で中古車販売業をしている。小さい頃からクルマが大好きで、学校を卒業して就職したのは地元のディーラー。地元のお客さんにかわいがってもらって「そろそろ自分でやれば?」と言われるようになったので、32歳で独立することにした。
 本屋さんに行って独立開業本を手にとってみたり、ネットで調べてみると、会社の作り方や中古車販売の会社設立と開業の取り方そのものは書かれているけど、中古車販売用に書いてあるところがない。株式会社設立は1〜2週間かかって、中古車販売に必要な古物商許可は一発で通っても1ヶ月半くらいは掛かると言ってたけど、営業所の条件とか、登記されていないことの証明書とか、普段運転免許証で済ませている身分証明書ではダメだとか、細かいことが色々出てきて混乱し「中古車を販売するのは自動車販売業の許可が必要だから、許可が必要な会社設立は行政書士に頼め」と、先に独立した先輩が教えてくれたことを思い出した。最初は自分でやろうと思ったけど、書いてある情報がバラバラで頼むところもバラバラだから「最低でも2〜3ヶ月掛かりそうだし、あちこち頼んで上手くいかなかったらオレの責任だ。ちょっとリスク大きいな」と思って、警察への苦手意識もあってか結局訳が分からなくなり、そのまま放置してしまいました。

 少し経っていよいよ会社を辞める時期が近づいてきて、「ヤバい!早く会社作る準備をしなきゃ」と思い、他に何かいい方法はないかと思って調べたら、新日本総合事務所という行政書士事務所が格安の中古車販売店の開業をサポートしてくれる会社設立サービスをしているのを見つけて申し込んだ。

 すると、次の日には一通り記入が出来ている書類が送られてきて「ここには実印、ここには認印を押してください。」と分かりやすく案内されている。先輩の話にはなかったけど、廃車を引き取るには自動車リサイクル法の引取業の登録っていうのを自動車販売業の許可とは別に取らなくちゃいけなくなってて、その書類も付いてきた!実はぜんぜん知らなかったけど、中古車販売の会社を始めるには、最初に会社を設立して、その次に自動車販売業の許可を取得して、その後でないと自動車引取業の登録ができないらしい。それだけではダメで、別に自動車リサイクルシステムへの業者登録をして始めてデータベースにアクセスできるようになるなんて初めて知った!こんな面倒だったとは知らなかったし、それぞれ別々に頼んでいたら時間と金ばかり掛かって大変だったけど、新日本総合事務所なら一回話しただけで全て書類を作ってくれて、バラバラに頼んでいたら10〜20万以上かかるコストも、たった52,500円の料金で会社設立から中古車販売の会社設立と開業と自動車リサイクルの手続ができた!「へぇ〜、こんな便利な中古車販売会社を始めるサービスがあったのか。新日本総合事務所って便利だな、知らなかった。」と感心した。
 その後、もちろん安曇さんは無事株式会社を設立し、中古車販売の会社設立と開業も自動車引取業の登録も取得することができて、オークションにも参加できて「最短で開業して営業できるようになりました!」とお礼を言っていただきました。

こちらこそ、お役に立てて嬉しく思っています。
また何かありましたら、よろしくお願いします。



中古車販売の会社設立と開業や引取業登録といった許可や登録の手続で注意が必要なのでしょうか。

株式会社設立に必要となる書類

・出資者の印鑑証明書
・役員に就任する人の印鑑証明書
・※出資もして役員にも就任する人(いわゆるオーナー社長など)は、印鑑証明書が2通必要です。

中古車販売の会社設立と開業に必要となる書類

・関係者全員の住民票
・関係者全員の履歴書(書式は弊事務所よりお送りします)
・関係者全員の身分証明書
・関係者全員の登記されていないことの証明書
・事務所が賃借の場合は、賃貸借契約書のコピー
・定款と履歴事項全部証明書

自動車リサイクル法の引取業登録に必要となる書類

・定款と履歴事項全部証明書
・関係者全員の住民票


では、「株式会社設立」「古物商許可」「引取業登録」「自動車リサイクルシステム登録」を詳しく見てみましょう

株式会社を設立するには、様々な書類を作成する必要があります。
1.株式会社設立登記申請書
2.定款
3.発起人全員の同意書
4.発起人の過半数の一致を証する書面
5.設立時取締役の就任承諾書
6.設立時取締役の調査報告書およびその附属書類払込みを証する書面
7.資本金の額の計上に関する設立時代表取締役の証明書
8.印鑑届出書
9.印鑑登録証明書
10.印鑑カード交付申請書
11.法人設立届出書

中古車販売の会社設立と開業申請に関する書類について

中古車販売の会社設立と開業申請を行うには、様々な書類を提出する必要があります。
1.誓約書(個人用と管理者用の2通必要です。) 
2.略歴書(ここには過去5年にさかのぼった職歴を記載してください。)
3.住民票(必ず本籍地記載の書類を提出してください。外国の方であれば、住民票の変わりに外国人登録記載事項証明書を提出してください。)
4.身分証明書(必ず本籍地がある役所で取得してください。外国の方の身分証明書は入りません。)
5.登記されていないことの証明書(「自動車販売業を始めるための条件」でも少し話しましたが、成年被後見人・被保佐人・被補助人として登記されていないことを証明する書類を指します=精神に障害を負っていない・十分な判断能力がある人。これは法務局で取得してください。)
6.顔写真(最近の写真を貼ってください。)
7.住所歴(過去5年さかのぼった住所を書いてください。住所歴は地域によって、入らないこともあります。)
8.事務所の所有権を証明する資料(土地や建物の登記簿謄本、賃貸契約書等々を提出してください。)
9.使用承諾書(自動車販売業の営業所が賃貸物件である場合、また他人の所有物件である場合、賃貸契約書とは別に使用承諾書が必要な地域もあります。)
10.事務所の見取り図(正確なものでなく、手書きの簡単なものでも大丈夫です。)
11.事務所周辺の地図(営業所〜最寄りの駅までの地図。)
12.URLの使用権を証明する資料(自動車販売業のホームページを作成し、そのURLの使用権が誰のものであるか明確にわかるものを提出してください。)
株式会社等の法人が中古車販売の会社設立と開業申請を行うには、さらに次の書類を提出する必要があります。
13.履歴事項全部証明書(登記簿謄本)
14.定款
尚、1〜6の書類に関しては全国共通です。また管理者を別に立てる場合、管理者自身の2〜6の書類も必要になります。あと7〜12の書類に関しては、管轄の警察署によって必要・不必要の場合があります。きちんと管轄の警察署の担当官と綿密な打ち合わせをして確認しておくべきです。

自動車リサイクル法の引取業登録に関する書類について

自動車引取業登録を行うには、様々な書類を提出する必要があります。
1.引取業登録申請書
2.履歴事項全部証明書
3.印鑑証明書
4.事務所の使用権限
5.フロンを確認する体制
6.誓約書

このように中古車販売業の開業と会社設立に関する書類を文章として記載すると、「書類さえ用意すれば手続できる!」と思われるかもしれません。しかし、いざ提出書類をチェックした時、細かいところが分からず様々な不備が生じ、想像以上に時間の労力・精神的ストレスを負って、時間ばかり浪費してしまいます。
クルマの販売という営業が目的なのですから、一日も早くスムーズな開業でスタートするためにも、行政書士 新日本総合事務所といったプロのエキスパートに依頼することも考えるべきかもしれません。
何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の中古車販売会社設立開業サポートサービスをご利用ください!
中古車販売業書類作成お申込み
中古車販売業


中古車販売の会社設立と開業
中古車販売の会社設立と開業申請手続
当サイトなら3ステップで簡単中古車販売会社設立!
中古車販売会社設立相談の日時をご予約ください。
※お名前とご住所は住民票上の正しいものをご記入ください。パソコンに
表示できない旧字体のお客様はFAXにてお申込みください。


中古車販売会社が設立可能かどうかプロがチェックのうえ、中古車販売
会社設立と顧問契約を締結して書類を作成します。
(※遠方のお客様は、電話やメール等でのご連絡も承ります)。
お渡しする書類にご記入・ご署名の上、会社設立、中古車販売の会社設立と開業、自動車リサイクルの順番で手続して下さい。
申請が終えましたら、モニターアンケートのご協力をお願いします。
会社設立は1週間前後、中古車販売の会社設立と開業は約1ヵ月半程度、自動車引取業登録は1週間前後で完了します。
自動車引取業登録が終わりましたら、自動車リサイクルシステムへの登録もお忘れなく。
中古車販売の会社設立と開業の法人申請書類
中古車販売の会社設立と開業申請後、警察署から役員/営業管理者の申請確認が行われます。その後、めでたく中古車販売の会社設立と開業証が発行されます。
中古車販売の会社設立と開業申請の許可まで要する期間は、申請した日から数えて約1.5ヵ月(40〜50日)前後かかります。
そして許可・不許可に拘わらず管轄内の警察担当者から、電話で許可証発行有無の連絡があります。何事もなく中古車販売の会社設立と開業が下りれば、管轄内の警察署から中古車販売の会社設立と開業証の交付を受けます。
次に中古車販売の会社設立と開業証を受領した後の注意事項として…標識の掲示が挙げられます。
標識は下記の通り、規定されています(表面)
・サイズ…縦8cm×横16cm。材質…金属・プラスチック、またはこれらと同じように耐久性があるもの。色…全体は紺色、文字は白色。許可番号…中古車販売の会社設立と開業証に記載されている都道府県公安委員会の名称と許可番号/氏名または名称…
そして古物の区分として「自動車商」というように、取り扱う古物の区分を記載します。
裏面記載について…自動車販売業の氏名又は名称 許可証内容を転記・自動車販売業の住所又は居所 許可証内容を転記・許可証番号 ○○○公安員会第×××号・主として扱う古物の区分・許可証内容を転記等々、記載する必要があります。

最後に、自動車リサイクル法の引取業登録とリサイクルシステムの事業者登録を済ませれば、ついに、念願の自動車販売会社のオープンです。
何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の中古車販売会社設立開業サポートサービスをご利用ください!
中古車販売業書類作成お申込み
中古車販売業
中古車販売の会社設立と開業
項目 費用
書類作成料 104,000円


モニターキャンペーン適用で
51,500円!
通信事務手数料 1,000円
合計基本料金 105,000円


モニターキャンペーン適用で
52,500円!
   
公証役場公証人認証料等
(印紙代)
5万2,000円
株式会社設立登録免許税
(印紙代)
15万円
中古車販売の会社設立と開業申請料(印紙代) 19,000円
(都道府県によって異なる場合があります)
自動車引取業登録手数料
(印紙代)
6,100円
(都道府県によって異なる場合があります)
自動車販売業プレート代
(許可取得後、営業所に掲示が必要)
3,500円程度〜
   
顧問契約(レギュラーコース)
(継続的に経営等の相談をご希望の方向け)
契約金1万円・月額2万円(消費税別・年単位)
顧問契約(コンサルコース)
(継続的に経営企画等の相談をご希望の方向け)
契約金1万円・月額6万円(消費税別・年単位)
顧問契約(プロジェクトコース)
(経営者の右腕として顧問をご希望の方向け:限定5社)
契約金5万円・50万円(消費税別・年単位)
顧問契約(ライトコース)
(継続的なサポートをご希望の方向け)
契約金1万円・1万円(消費税別・年単位)
電子定款利用 20,000円
(紙で定款を作成する場合に比べ2万円お得です)

紙定款利用の場合は、印紙代が+4万円かかります
法人実印作成 15,000円
(薩摩本柘植による法人実印、銀行印、角印の3本セット。
会社設立と同時に作るので、いちいち他所で探さず一番早いです)
住民票取得代行
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
4,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)
身分証明書取得代行
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
4,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)
登記されていないことの証明書取得代行
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
4,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)
登記簿謄本取得代行
(※株式会社等法人のお客さま向けサービス)
4,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代700円+申請手数料3,300円)
書留配達証明郵便
(※レターパックで免許証等を送るのが不安な方向けサービス)
3,000円
(手続実費1,680円+手数料1,470円)
配達時間帯指定
(※お忙しい方向けサービス/ゆうパック利用)
1,000円
(手続実費・郵便代680円+手数料320円)

行政書士 新日本総合事務所の中古車販売会社設立開業サポートサービスなら、書類作成が51,500円! 通信事務手数料の1,000円を加えても、合計基本料金が52,500円!
※ホームページからお申込み、面談&顧問契約を経て書類作成いたします。遠方の方はメールでのご依頼も承ります。
何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の中古車販売会社設立開業サポートサービスをご利用ください!
中古車販売業書類作成お申込み
中古車販売業
自動車販売業
当サイト「中古車販売会社設立開業センター」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。
  • 古物商許可申請の必要書類
  • 古物商許可とは?
  • 古物商許可の流れ
  • どのくらい期間がかかるのか
  • どのくらい費用がかかるのか
  • お客様の声
  • 個人情報保護の取り組み
  • 顧問契約のご案内
  • 事務所概要
よくあるご質問
書類作成お申し込み
古物市場
回送運行許可赤枠ディーラーナンバー取得
各都道府県別手続ご案内

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

サービス取扱い地域
北海道:札幌市、中央区、北区、東区、白石区、豊平区、南区、西区、厚別区、手稲区、清田区、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、夕張市、岩見沢市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、小樽市、函館市、北斗市、室蘭市、苫小牧市、登別市、伊達市、旭川市、士別市、名寄市、富良野市、留萌市、稚内市、北見市、網走市、紋別市、帯広市、釧路市、根室市、石狩郡、当別町、新篠津村、空知郡、南幌町、奈井江町、上砂川町、夕張郡、由仁町、長沼町、栗山町、樺戸郡、月形町、浦臼町、新十津川町、雨竜郡、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、沼田町、島牧郡、島牧村、寿都郡、寿都町、黒松内町、磯谷郡、蘭越町、虻田郡、ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、倶知安町、岩内郡、共和町、岩内町、古宇郡、泊村、神恵内村、積丹郡、積丹町、古平郡、古平町、余市郡、仁木町、余市町、赤井川村、松前郡、松前町、福島町、上磯郡、知内町、木古内町、亀田郡、七飯町、茅部郡、鹿部町、森町、二海郡、八雲町、山越郡、長万部町、、檜山郡、江差町、上ノ国町、厚沢部町、、爾志郡、乙部町、、奥尻郡、奥尻町、、瀬棚郡、今金町、、久遠郡、せたな町、虻田郡、豊浦町、洞爺湖町、有珠郡、壮瞥町、白老郡、白老町、勇払郡、厚真町、安平町、むかわ町、、沙流郡、日高町、平取町、、新冠郡、新冠町、、浦河郡、浦河町、、様似郡、様似町、、幌泉郡、えりも町、、日高郡、新ひだか町、上川郡 (石狩国)、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、東川町、美瑛町、上川郡 (天塩国)、和寒町、剣淵町、下川町、空知郡、上富良野町、中富良野町、南富良野町、勇払郡、占冠村、中川郡 (天塩国)、美深町、音威子府村、中川町、雨竜郡、幌加内町、増毛郡、増毛町、留萌郡、小平町、苫前郡、苫前町、羽幌町、初山別村、天塩郡、遠別町、天塩町、宗谷郡、猿払村、枝幸郡、浜頓別町、中頓別町、枝幸町、天塩郡、豊富町、幌延町、礼文郡、礼文町、利尻郡、利尻町、利尻富士町、網走郡、美幌町、津別町、大空町、斜里郡、斜里町、清里町、小清水町、常呂郡、訓子府町、置戸町、佐呂間町、紋別郡、遠軽町、湧別町、滝上町、興部町、西興部村、雄武町、河東郡、音更町、士幌町、上士幌町、鹿追町、上川郡 (十勝国)、新得町、清水町、河西郡、芽室町、中札内村、更別村、広尾郡、大樹町、広尾町、中川郡 (十勝国)、幕別町、池田町、豊頃町、本別町、足寄郡、足寄町、陸別町、十勝郡、浦幌町、釧路郡、釧路町、厚岸郡、厚岸町、浜中町、川上郡、標茶町、弟子屈町、阿寒郡、鶴居村、白糠郡、白糠町、野付郡、別海町、標津郡、中標津町、標津町、目梨郡、羅臼町

中古車販売会社設立開業センター