パスポート申請代行のよくあるご質問




一般旅券発給申請書作成のよくあるご質問

  パスポート申請代行をお願いするのに、何が必要ですか?
  パスポート用の写真はどんな写真を用意すればいいですか?
  頼めるパスポートの種類はなんですか?
  パスポート申請代行料金はいくらですか?
  パスポート申請代行を頼んだらどんな流れになりますか?
  パスポート申請代行を頼めないのは、どんな場合ですか?
  パスポート申請代行とは、何をしてくれるのですか?
  自分で用意するものはなんですか?
  パスポートはどこで受取るのですか?
  パスポートの受取りもお願いできませんか?
  最短1週間とありますが、実際はどうなんですか?
  一番早くパスポートを取るにはどうしたらいいですか?
  以前パスポートを取得しましたが有効期限が過ぎてしまいました。どうしたらいいですか?
  名前の本当の漢字表記が旧字なので、パソコンで入力できません。どうしたらいいですか?
  住民票上の正式な住所とは何ですか?
  戸籍上の正式な地番とは何ですか?
  戸籍抄本の取り方が分かりません。どうしたら取れますか?
  戸籍抄本を取りに行く余裕がありません。頼めますか?
  いま住んでいる場所と住民票上の住所が別です。どうしたらいいですか?
  自宅に固定電話がありません。携帯でもいいですか?
  天涯孤独なので緊急連絡先がありません。どうしたらいいですか?
  免許証や戸籍などの重要書類をレターパックで送るのが不安です。他の方法はありますか?
  書類が代引郵便で送られるそうですが、時間指定はできますか?
  代引郵便の決済が利用できません。他の方法はありますか?
Q
パスポート申請代行をお願いするのに、何が必要ですか?
A
パスポートを取得するために必要なのは、以下の4点です。
・戸籍抄本
・運転免許証(有効期間切れなど含め、パスポートを持っている人はパスポート)
(運転免許証 or パスポートをお持ちでない方は「健康保険証と年金手帳の2点」)
・顔写真
・印紙代(10年パスポートは16,000円、5年パスポートは11,000円。
 但し、パスポート受取り時に窓口でお支払い下さい。)
Q
パスポート用の写真はどんな写真を用意すればいいですか?
A
縦4.5cm×横3.5cmの写真で、カラーでも白黒でもOKです。
正面を向いた背景・影のないもの。6ヶ月以内に撮影されたものです。

パスポート顔写真
パスポート顔写真の注意事項

※不適当と判断されると撮り直しとなる場合があり、一番多い申請トラブルの原因です。
お急ぎの場合には特にご注意ください。
くわしくは、外務省のホームページでご確認ください。
Q
頼めるパスポートの種類はなんですか?
A
・成人用で有効期間が10年のパスポート(一般旅券)
・成人用で有効期間が5年のパスポート(一般旅券)
※未成年者はお取り扱いできません。
※現在の住まいと住民票上の住所(運転免許証等の住所表記も含む)が異なる場合はお受けできません。
※犯罪等により刑罰等に処せられたことのある方はお受けできません。
Q
パスポート申請代行料金はいくらですか?
A
10年用・5年用ともに、申請代行料5,980円です。
パスポート受領時に10年用16,000円、5年用11,000円の印紙代がかかりますので、窓口でお支払い下さい。
この他、お忙しい方・本籍が遠隔地の方には、戸籍抄本の取得代行もできます。
その場合の手数料は4,000円(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)です。
Q
パスポート申請代行を頼んだらどんな流れになりますか?
A
当サイトのお申込みページから、必要事項を入力のうえお申込みください。申込みには、 戸籍上の正確な漢字での氏名、住民票上の正確な住所、外国滞在中の緊急連絡先等が必要 になりますので、予め必要な情報が分かるように準備しておくと早く手続ができます。
※パスポートを更新したい場合は、パスポートをお手元にご用意ください。

カード支払い又は銀行振込決済が確認できましたら、お客様宛てに郵便で書類一式をお送りします。

書類内容をご確認のうえ、本人書名欄にお名前を自署して、誓約書に署名押印します。前回発給を受けたパスポートや運転免許証とともに弊事務所へご返送ください。

ご返送書類が弊事務所に到達しましたら、パスポート申請をします。

パスポート申請完了後、旅券引換書と本人確認書類をお客様にお送りします。

旅券発行日になったら、お客様が東京都庁の旅券課窓口でパスポートを取得。
※お名前が旧字や難字でパソコンで入力できない/文字化けする場合は、FAXでお申込みください。
Q
パスポート申請代行を頼めないのは、どんな場合ですか?
A
・東京都と神奈川県以外の方
・(東京の方の場合で)池袋分室でのお受取りをご希望の方
・未成年の方
・現在の住まいと住民票上の住所が異なる場合
・犯罪等により刑罰等に処せられたことのある方
・ご自身で署名が困難な方
Q
パスポート申請代行とは、何をしてくれるのですか?
A
パスポート申請代行センターでは、以下のサービスを行っています。
・パスポート申請書の準備・手配
・パスポート申請書の必要事項の記入
・パスポート申請の段取り
・東京都庁/神奈川県パスポートセンターでのパスポート申請の代行(パスポートの受取りは、お客様自身に行っていただきます)
※平日の忙しいなか、ご自身で申請書を取りに行ったり、必要書類を確認したり、細かいことをたくさん記入したり、毎日混雑しているパスポートセンターで書類審査を受ける必要がなく便利です!パスポートはもう自分で申請する時代ではありません。早くて安くて上手いプロに任せる時代です!
Q
自分で用意するものはなんですか?
A
・パスポート用写真。詳しくはこちら
・運転免許証(お持ちでない方は「健康保険証+年金手帳」)
・戸籍抄本(取得代行を頼むことができます。詳しくはこちら
・(更新の場合と有効期間切れの場合は、さらに)パスポート
※運転免許証や健康保険証などの住所の表記は住民票上の住所と同一でなければなりません。
Q
パスポートはどこで受け取るのですか?
A
・パスポート発給の際は、本人確認がありますので、お客様ご自身でお受取りください。
・東京都の方がパスポートを受け取るのは新宿・立川の旅券課(分室)からお選びいただけます。
・新宿をご希望の方は、東京都庁旅券課(JR京王小田急西武地下鉄丸の内線新宿線大江戸線・新宿駅西口/東京都新宿区西新宿2−8−1)です。

大きな地図で見る
・パスポート受領の際は、パスポート引換書と旅券手数料(10年旅券:16,000円、5年旅券:11,000円)が必要になります。

・有楽町をご希望の方は、東京都旅券課有楽町分室(JR有楽町駅京橋口下車/東京都千代田区有楽町2−10−1 東京交通会館2F)です。

大きな地図で見る
・パスポート受領の際は、パスポート引換書と旅券手数料(10年旅券:16,000円、5年旅券:11,000円)が必要になります。

・立川をご希望の方は、東京都旅券課立川分室(JR立川駅北口下車/立川市曙町2−1−1 ルミネ立川店9F)です。

大きな地図で見る
・パスポート受領の際は、パスポート引換書と旅券手数料(10年旅券:16,000円、5年旅券:11,000円)が必要になります。


・神奈川県の方がパスポートを受け取るのは横浜・川崎・厚木にある神奈川県のパスポートセンターからお選びいただけます。
横浜のパスポートセンターをご希望の方は、産業貿易センター2F(JR市営地下鉄関内駅、みなとみらい線日本大通り駅下車/神奈川県横浜市中区山下町2)です。

大きな地図で見る

川崎のパスポートセンターをご希望の方は、ソリッドスクエア東館2F(JR川崎駅西口、京浜急行線京急川崎駅西口下車/神奈川県川崎市幸区堀川町580)です。

大きな地図で見る

厚木のパスポートセンターをご希望の方は、イオン厚木店7F(小田急線本厚木駅東口下車/神奈川県厚木市中町1−5−10)です。

大きな地図で見る
・パスポート受領の際は、パスポート引換書と旅券手数料(10年旅券:16,000円、5年旅券:11,000円)が必要になります。

相模原市にお住まいの方は、相模大野のパスポートセンター(相模原市南区相模大野3-2-1 bono相模大野ノースモール4階)です。

大きな地図で見る
・パスポート受領の際は、パスポート引換書と旅券手数料(10年旅券:16,000円、5年旅券:11,000円)が必要になります。

藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町にお住まいの方は、湘南辻堂のパスポートセンター(藤沢市辻堂神台2-2-1 アイクロス湘南3階)です。

大きな地図で見る
・パスポート受領の際は、パスポート引換書と旅券手数料(10年旅券:16,000円、5年旅券:11,000円)が必要になります。

Q
パスポートの受取りもお願いできませんか?
A
申し訳ありません。パスポート受け渡しは顔写真と本人とを照合して本
人確認のうえ直接本人に渡されますので、受取りまでの代行はできかねます。
Q
最短1週間とありますが、実際はどうなんですか?
A
東京都庁と立川分室のパスポート発給までの期間は、6営業日です(※祝日や弊事務所の休業日がある場合を除きます。)。
パスポート申請代行センターの申込み締切りは毎営業日の午前10時ですので、当日申請書等の必要書類をお持ちいただいて申請することができれば、翌週の同じ曜日に取得することが可能です。
海外渡航直前のパスポート申請は不可抗力等のリスクもありますので、もしできましたら余裕をもって少なくとも2週間程度前にお申込みください。お急ぎの場合は書類作成代行サービス。をご利用ください
神奈川県のパスポート発給までの期間は、7営業日です(※祝日や弊事務所の休業日がある場合を除きます)。また郵送等の関係から神奈川県の方は数日程度、若干の余裕を持ってお申し込みください。
Q
一番早くパスポートを取るにはどうしたらいいですか?
A
大至急でパスポートを取得したい場合、書類作成代行のみ承りお客様ご自身で申請していただく方法が一番早いです。
@パスポート申請に必要な資料を予めご用意ください。詳しくはこちら
A弊事務所の申込み締切りの毎営業日午前10時前にお申込み。
Bアポイントのうえ弊事務所にご来所ください。弊事務所は新宿駅南口からサザンテラス経由で徒歩5分です。
C弊事務所で書類作成準備のうえ、お客様ご自身が東京都庁/神奈川県のパスポートセンターでパスポート申請。
※書類作成代行のみの場合であっても、弊事務所の合計基本料金は変わりませんので、予めご了承ください。
Q
以前パスポートを取得しましたが有効期限が過ぎてしまいました。どうしたらいいですか?
A
大丈夫です。過去にパスポートを取得したことがあり、その後有効期限が過ぎてしまっている場合は、新規にパスポートを取得し直すことになります。ただし、この場合は以前に発給されたパスポート番号等がありますので、「旅券番号(パスポート番号)」、「発行年月日」、「最後に発給を受けたパスポートに記載されているお名前の名字のローマ字」の情報が必要となります。
このため、当パスポート申請代行センターからお申込みの場合には、初めてパスポートを申請される方向けお申込みフォームといまのパスポートを更新する方向けお申込みフォームの2つあるうち、「いまのパスポートを更新する方向けお申込みフォームの方」を選んでお申込みください(本人証明書類は「運転免許証とパスポートの両方」になります)。
Q
名前の本当の漢字表記が旧字なので、パソコンで入力できません。どうしたらいいですか?
A
タカハシさんの「」や、ヤマザキさんの「ア」、ワタナベさんの「邊」「邉」などのように、パソコンで変換できない文字や文字化けしてしまう文字があります。
このようなパソコン入力が難しい漢字のお名前のお客様はFAXでお申込みください。
※名前等の表記は戸籍抄本とまったく正確に同一である必要があります。文字が違う場合は別人と判断されて申請ができず、手数料が無駄になってしまいますので、くれぐれもご注意ください。なお、この場合であっても一旦お申込みいただいた後の弊事務所の手数料は返還いたしませんので、予めご注意ください。
Q
住民票上の正式な住所とは何ですか?
A
許可申請では、関係者の氏名や住所は住民票等の公的証明書の表記を元に正確性が確認されます。

申請でよく問題になる間違いとは?

例).△△市日本橋○−○−○ -> ×(正式な表記ではない)
解説:住所の表記について、日常的に「日本橋1−2−3」のような表記が用いられますが、これは正確な表記ではありません。
このような「1−2−3」というのは、正式にはいくつかのパターンが考えられます。
・1番2号3
・1番2号の3
・一丁目2番3
・一丁目2番の3
・一丁目2番地3
・一丁目2番地の3
・一丁目2番3号
・1丁目2番3号

日本橋1−2−3というのは、これだけあるパターンの地番表示を、簡略化して日常使用しているに過ぎないのです。したがって、法律手続ではどの正式な地番等表記にあたるか分からないため、申請時にトラブルになるばかりか、不受理といって受け付けてもらえなかったり、最悪の場合は不許可処分になる可能性もあります。
インターネット上に情報が溢れ、誰でも簡単にできるように思われる法律手続ですが、基本的なことを知らないと不利益になってしまいます。一度しっかりと調べてご確認ください。今後の円滑な社会生活にもきっと役立ちます。
Q
戸籍上の正式な地番とは何ですか?
A
パスポート申請では、氏名や本籍は戸籍の表記を元に正確性が確認されます。

申請でよく問題になる間違いとは?

例).△△市富士見町○−○−○ -> ×(正式な表記ではない)
解説:本籍地の表記について、日常的に「富士見町1−2−3」のような表記が用いられますが、これは正確な表記ではありません。
住所地の富士見町1−2−3は、住居表示の1丁目2番3号であることが多いですが、住民票上の住所地と戸籍上の本籍地はまったく別のものです。戸籍上の本籍地に○号というのはありません。
このような「1−2−3」というのは、正式にはいくつかのパターンが考えられます。
・一丁目二番三
・一丁目二番の三
・一丁目二番地三
・一丁目二番地の三

富士見町1−2−3というのは、これだけあるパターンの地番表示を、簡略化して日常使用しているに過ぎないのです。したがって、法律手続ではどの正式な地番等表記にあたるか分からないため、申請時にトラブルになるばかりか、不受理といって受け付けてもらえなかったり、最悪の場合は不許可処分になる可能性もあります。
インターネット上に情報が溢れ、誰でも簡単にできるように思われる法律手続ですが、基本的なことを知らないと不利益になってしまいます。一度しっかりと調べてご確認ください。今後の円滑な社会生活にもきっと役立ちます。
Q
戸籍抄本の取り方が分かりません。どうしたら取れますか?
A
戸籍抄本は、本籍地(※)の市区町村役場で取得可能です。
ご結婚している方の場合、ご結婚時に新しく戸籍を作っていますので、その本籍地の市区町村役場で取得できます。
ご結婚していない場合は幾つか可能性があります。
<一度も結婚していない場合>ご両親の戸籍に一緒に入っていますので、ご両親にご確認ください。
<離婚した場合>離婚時に新たに戸籍を作っていれば、その本籍地の市区町村役場で取得できます。作っていなければ、結婚時に作った本籍地の市区町村役場で取得できます。
<転籍した場合>転籍して設定した。本籍地の市区町村役場で取得できます。
※お忙しい、本籍地が遠隔地だという方の場合は、取得代行も頼むことができます。詳しくはこちらからどうぞ。
(※)本籍地は住所地とは異なります。お申込み前にいま一度ご確認下さい。

Q
戸籍抄本を取りに行く余裕がありません。頼めますか?
A
はい。戸籍抄本の取得代行も承ります。本籍地、戸籍筆頭者の氏名をお知らせください。
・取得代行にかかる期間は、1週間〜10日程度です。余裕をみてお申込みください。
・取得代行料金は4,000円(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)です。
※戸籍抄本取得代行をご依頼いただける場合には、申込みフォーム最後の「その他」欄に戸籍筆頭者の氏名をご記入下さい。
Q
いま住んでいる場所と住民票上の住所が別です。どうしたらいいですか?
A
・いま住んでいる場所(ホテル暮らしを含む)と住民票上の住所が別の場合、パスポート申請代行センターではパスポート申請の代行をお受けできません。ご自身でパスポート申請をなさってください。

どうしても頼みたい場合には、住んでいる場所と住民票上の住所を一致させてからお申込みください。
Q
自宅に固定電話がありません。携帯でもいいですか?
A
はい。大丈夫です。自宅電話番号欄と携帯電話番号欄の両方に携帯電話の番号をお書きください。
日中連絡ができる電話番号も忘れずご記入ください。
Q
天涯孤独なので緊急連絡先がありません。どうしたらいいですか?
A
友人・知人でもかまいません。どなたかをお知らせください。
※もちろん、事前にご本人に了解を取ってくださいね。
Q
免許証や戸籍などの重要書類をレターパックで送るのが不安です。他の方法はありますか?
A
配達時には対面でお届けし、受領印または署名を頂くレターパック500を利用していますが、もし不安という場合には「書留」+「配達証明」をつけるオプションサービスがありますので、ご利用ください。
書留は、「引き受けから配達までの送達過程を記録し、万一、郵便物等が壊れたり、届かなかった場合に、実損額を賠償」する郵便物です。
配達証明は、「一般書留とした郵便物や荷物を配達した事実を証明するサービス」です。
※「書留」+「配達証明」オプションサービスの料金は4,000円(手続実費1,680円+手数料1,470円)です。
Q
書類が代引郵便で送られるそうですが、時間指定はできますか?
A
はい。配達時間帯指定をつけるオプションサービスがありますので、ご利用ください。
配達時間帯指定オプションは、日本郵便の「ゆうパック」でお送りします。ゆうパックなら、以下の6つの時間帯のなかから配達目安の時間がご指定いただけます。
・午前中
・12時頃〜14時頃
・14時頃〜16時頃
・16時頃〜18時頃
・18時頃〜20時頃
・20時頃〜21時頃
※「配達時間帯指定」オプションサービスの料金は1,000円(手続実費・郵便代680円+手数料320円)です。
Q
代引郵便の決済が利用できません。他の方法はありますか?
A
学校の寮等にお住まい等の理由で代引郵便でのお支払いが出来ない場合には、銀行振込をご利用ください。
銀行振込をご希望の場合には、お申込みの際に「銀行振込での決済を希望」の旨を申込みフォーム最後の「その他」欄からお知らせ下さい。
折り返し、お振込先指定口座をメールでご連絡いたしますので、指定口座にお振込みください。お振込み入金確認後に書類を作成して発送いたします。
※なお銀行振込の場合、お振込先指定口座のご案内メールを手動でお送りすることや、午後2時以降のお振込は翌日扱いなること等により、通常の代引郵便での取扱いに較べて多少のお時間がかかります。あらかじめご了承のうえ数日程度の余裕を持ってお申し込みください。また銀行振込の場合であっても、弊事務所の合計基本料金は変わりませんので、予めご了承ください。




パスポート申請代行
当サイト「パスポート申請代行センター」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。
  • パスポート申請代行センターについて
  • パスポート代理申請の流れ
  • パスポート申請代行料金
  • お客様のお声をいただきました
  • 個人情報保護の取り組み
  • 事務所概要
パスポート代理申請の詳細はこちら
パスポート申請代行お申込み
サービス取扱い地域
東京都:千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ヶ島村、小笠原村。
(※)東京都の皆様はパスポート受取場所を、1.東京都庁(東京都新宿区西新宿2−8−1 東京都庁都民広場B1F)、2.旅券課有楽町分室(東京都千代田区有楽町2−10−1 東京交通会館2F)、3.旅券課立川分室(立川市曙町2−1−1 ルミネ立川店9F)からお選びいただけます。
ぜひご利用ください!

神奈川県:横浜市(中区、鶴見区、神奈川区、西区、南区、港南区、保土ケ谷区、旭区、磯子区、金沢区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区)、川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区)、横須賀市、平塚市、鎌倉市、小田原市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、三浦郡葉山町、中郡大磯町、中郡二宮町、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、 足柄下郡湯河原町、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村。
(※)神奈川県の皆様はパスポート受取場所を、1.パスポートセンター本所(横浜市中区山下町2 産業貿易センター2F)、2.パスポートセンター川崎支所(川崎市幸区堀川町580ソリッドスクエア東館2F)、3.パスポートセンター県央支所(厚木市中町1−5−10 イオン厚木店7F)からお選びいただけます。
なお、相模原市(中央区、緑区、南区)の方は、4.相模大野パスポートセンター(相模原市南区相模大野3−2−1 bono相模大野ノースモール4F)、藤沢市、茅ヶ崎市、高座郡寒川町の方は、5.湘南パスポートセンター(藤沢市辻堂神台2−2−1 アイクロス湘南3F)、での申請および受取となります。
ぜひご利用ください!

東京都と神奈川県以外の道府県のお客様は、こちらからどうぞ。
各都道府県別手続ご案内

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


パスポート申請代行センター