KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP許認可取得サポート [ NPO法人 ]

NPOの作り方

NPO法人のメリット。
NPO法人はこういった方におすすめです。

NPO法人(特定非営利活動法人)のメリット:NPO法人は、NPO法によって法人の目的が社会的活動に制限される点が株式会社や有限会社と異なります。このようにNPO法人の目的が法律で定められる社会的活動に限られ公益性が期待されていますので、会社のように資本金の規制や登録免許税、印紙や定款認証などの費用がまったくかかりません。この点から、福祉事業、介護サービスや芸術や文化、スポーツ振興を目的にするような社会的に意義のある活動をローコストで始めたい時にNPO法人がお勧めです。

権利義務主体となれる
事務所の賃貸契約や銀行などとの賃貸借契約締結の際に、法人名義で契約できます。

社会的な信用の向上
・ボランティアや組合に比べて圧倒的に信用が高まります。

行政などとの提携
・行政や企業などからのサポートが得やすくなります。

国際的な知名度
・NPO法人は国際的にも一般的な存在ですから、国際協力を行うような場合にNPOといえば相手国の信用が得やすくなります。

NPO法人の義務

・事業の内容等を公開する義務
・法人としての納税義務
・従業員を雇った場合の社会保険や労働保険の加入義務
・解散の際に資産が残った場合提供者には返されません。

NPO法人はこんな方におすすめです

従来からボランティア・組合などで活動してきた場合。
従来から組合などで活動していた場合、法的などの正式な手続の場面では代表者の個人名で手続をしなければならず、どうしても役員の負担や資金管理の面でトラブルになりがちでした。しかし、NPO法人ならば法人として運営されますから活動の透明性が上がり公平性が確保できます。

社会的意義の強いビジネスを起業する場合。
「起業」や「独立開業」といった場合は、とかく会社を設立して社長になる!というイメージがありますが、事業の内容が介護ビジネスや環境ビジネスなどNPOの目的に該当する場合には、NPO法人で起業することができます。社会的意義の強いビジネスというのは、将来需要が大きくなるとわかっていても、いつどのように市場が拡大するかつかみにくい面があります。そういった市場のシード期にはNPO法人を活用してローコストに事業をスタートすることができます。

これまでの営利法人とは別に社会的な活動をしたい場合。
従来から会社を経営していて新規事業として社会的な活動をしたい場合、現在の会社の1事業として新規事業を立ち上げると今までの会社のイメージに引きずられて自由な活動が出来ない場合があります。そんなときには、NPO法人を設立して事業をすることでまったく新しい組織のイメージを「NPO」という社会的活動を行うプラスのイメージのうえに構築することが可能です。ローコストで早期のブランドイメージの構築するためにNPO法人を活用する、という方法もおすすめです。

NPO法人設立&運営セミナー

NPO法人設立&運営セミナーDVD ●「NPO法人設立&運営セミナーDVD」
(★★ 中級者向け・約120分)

(¥10,500[消費税込み]+送料\500)
社会起業等の社会性が高い事業や活動を行う方にあった法人形態がNPO法人(Non Profit Organization)、日本語では特定非営利活動法人といいます。
”非営利”(Non Profit)と書くので、まるで事業を行ってはいけないようなイメージがありますがそんなことはありません。ここでの非営利とは「出資者に利益を配当しない」という意味ですので紛らわしいですが、難解な法律用語だと思っていただければよいでしょう。
現在、特に介護や福祉といった少子高齢化時代の優しい事業分野において、NPO法人が有効に活用されています。
このセミナーでは、NPO法人のメリットから活用方法、ポジショニング、法人税との関係、法人の設立方法等を解説。セミナーにご参加いただいた方からは「NPOは事業をしてはいけないと思っていたが、そうでないことが分かった」「やり方によって上手く使える仕組みだと思う」「これからの起業のやり方としてNPOも考えたい」と好評をいただきました。

会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法