KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP合同会社(LLC)設立 [ 法務局で合同会社設立登記申請 ]

合同会社(LLC)設立総会

合同会社(LLC)設立

合同会社設立

6.総会開催と設立登記

この項では、合同会社と株式会社における「設立総会開催と設立登記」について考えてみます。

もちろん取締役がいる株式会社では、設立総会を開催しなければなりません。
しかし合同会社の場合、設立総会に該当する業務執行者会という会議があるのですが、会社法上義務付けられていないのです。
つまり業務執行者会をするにしても、その会議で決議する内容等々についても、定款で自由に定めることができることも合同会社の特徴の1つと言えます。

そして設立登記についてですが…実際に、合同会社と株式会社の設立登記費用を確認比較してみます。
(「合同会社設立:第4項-定款の作成」と、多少重複します)

株式会社の設立登記費用として…

株式会社の場合、定款作成後に認証を受ける決まりになっています(この手数料が50.000円)。そして紙定款で作成した場合、公証役場に提出する際、収入印紙代として40.000円掛かります。また定款認証を受けた後、株式会社設立登記用の関係書類を法務局へ提出…その際、登録免許税として最低150.000円掛かります。

合同会社の場合、定款認証の必要はありません。つまり、手数料50.000円は必要ありません。そして紙定款で作成した場合、株式会社同様、収入印紙代として40.000円掛かります。また合同会社設立登記に必要な登録免許税ですが、最低60.000円掛かります。
(登録免許税は資本金額によって、変わります)

ここで株式会社と合同会社の設立登記に掛かる費用を比較してみます。

株式会社=24万円 合同会社=10万円…会社を設立する時点で、すでに14万円経費節減になっているのです。
この金額=「大きな経費節減」「大したことない」…どう考えるかは個人の判断にお任せしますが、会社を運営する上で少しでも経費を抑えるという行為は、今後の会社の将来を大きく左右するものだと言えます。
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法