KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP2倍のスタートダッシュを決める創業融資 [ 融資の申し込み ]

融資の申込

2倍のスタートダッシュを決める方法

2倍のスタートダッシュを決める創業融資

3.融資の申込み

日本政策金融公庫で、会社設立のための融資相談をした後にしなければならないこと…それは融資申込です。

そして融資申込の際、審査ポイントとして必ず必要となる事業計画書を提出しなければなりません。

事業計画書とは融資を受ける為に、必要な事業計画書・それに準ずる計画書のことを指します。そして、次のような書類が必要となります。
(既存の法人=事業計画書・新しく会社設立=創業計画書)

・法人が融資申込をする場合…最近2期分の確定申告書・決算書・登記簿謄本(履歴事項全部証明書)・最近の試算表…
(法人の場合、登記簿謄本または履歴事項全部証明書が別途必要です)

・新しく会社設立する場合…当然、申告書・決算書はありません。そのかわりに必要な書類として、資金調達方法・収支見込・予定取引先等々・前年度の個人収入がわかる書類(源泉徴収票)…

上記の書類が必要になります。
(設備資金の融資申込をする場合、見積書も提出しなければなりません)

また正式に融資申込をする前に、計画書の下書きをするようにしてください。そして出来れば、日本政策金融公庫の相談窓口でチェックしてもらうべきです。
(書き方に問題があれば、丁寧に指摘をしてもらえます)

融資を受けられる・受けられない…融資は、その後の人生に大きな影響をもたらします。慎重には慎重を期して、事業計画書を申込むべきです。

そしてすべてを確認した上で、日本政策金融公庫宛に書類を提出します。
もちろん郵送でまったく問題ないのですが、仮に管轄の日本政策金融公庫に行っていなければ、是非行っておく必要性があります。
(相談→申込…次の面接に備えて、雰囲気を把握する必要もあります。いきなり訪問すれば、極度の緊張をする可能性もあります。)
借入申込書

会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法