KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOPKSF株式会社設立の会社設立ニュース/お役立ち情報 [ 継続記録法 ]

KSF株式会社設立の会社設立ニュース/お役立ち情報

継続記録法

継続記録法とは?
期中において、継続的に商品有高帳や材料元帳などにより、在庫の各品目ごとに受入れと払出しの残高を記録することで、
商品の場合は売上数量・材料の場合は消費数量や在庫数量を計算する方法です。
継続記録法は、帳簿棚卸法ともいわれます。
商品等の期中の受入数量、払出数量、在庫数量を常に把握できるため、実地棚卸をしなくても月次損益計算をすることも可能
となります。
さらに、定期的な実地棚卸も併用することで、紛失・盗難などによる帳簿棚卸数量と実地棚卸数量との差、
すなわち棚卸減耗を把握することが可能となるため、製造業では継続記録法が採用されていることが多いです。
しかし、手間がかかり煩雑であるという欠点があります。

会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法