一般社団法人のM & A(Mergers and Acquisitions)

M&A(Mergers and Acquisitions) (■コンサルティングBU)

M&A支援
M&Aとは
M&Aとは、Mergers and Acquisitions(合併と買収)を省略した呼称で、企業の合併・買収を指します。一般的には、買収先企業の株式を買収して連結対象とするまたは子会社化することから、完全買収により自社または子会社と吸収や合併させることが多く見られます。事業展開上のM&Aの目的としては、協業化による自社の業績拡大を求めることが多く、出資を伴った業務提携という思考的背景を持ちますが、M&Aと言うときには買収先企業をグループ内に取込むことによる企業グループ再編といった、事業リストラクチャリングまでを戦略の範囲として検討します。

現状のM&Aがかかえる問題

M&A時に、企業または事業を譲渡する際の譲渡価格の妥当性が問題となり、本来であれば上首尾にまとまるはずの案件が不成立になるケースが多いのが現状です。企業または事業の譲渡価格とは、すなわち「当該事業にどのくらいの価値があるか」という観点によって評価されます。ここでいう事業の価値とは、決算書等の財務諸表のうち貸借対照表(Balance Sheet、以下B/S)の資本金等の純資産の部に記載された数字ではなく、譲渡対象となる企業や事業の収益性を現在価値に置き換えて算出するのが基本です。しかしながら、現状ではM&Aにあたって事業の収益性を現在価値に換算できる専門家が少ないため、譲渡交渉が上手く行かないまたは暗礁に乗り上げ長期化するといったことが頻繁に起こっています。これは譲渡金額の査定にファイナンス理論に精通する専門家と、会計のみで算出する専門家によって算出される数字に乖離が起こってしまうことに起因します。M&Aをお考えの際には、前者の専門家に依頼するのが適正な価格での譲渡を実現し、上首尾で安全な取引に結びつけるための鉄則です。


何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
新日本総合事務所の非営利(非課税)型一般社団法人設立サービスをご利用ください!
非課税型一般社団法人設立お申込み
社団法人 公益法人


一般社団法人 一般財団法人
当サイト「非営利(非課税)型一般社団法人設立サポートセンター」の届出無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。
  • 非営利型一般社団法人とは?
  • 非営利(非課税)型一般社団法人設立のながれ
  • どのくらい期間がかかるのか
  • どのくらい費用がかかるのか
  • 一般社団法人設立に当たって用意する書類
  • お客様の声
  • 個人情報保護の取り組み
  • 顧問契約のご案内
  • 事務所概要
非営利(非課税)型一般社団法人設立の詳細について
非営利(非課税)型一般社団法人設立お申し込み
一般社団法人
各都道府県別手続ご案内

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


非営利(非課税)型一般社団法人設立サポートセンター