古物商免許資格取得書類作成代行サービス




古物商免許資格取得申請法人

古物商

何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の古物商免許資格取得書類作成代行サービスをご利用ください!


古物商免許資格取得申請法人

古物商免許資格取得申請法人の場合は、事業を営む場所を営業所として設定するところから始まります。
古物商を営む営業所は、大前提として場所が特定できることが必要で、地番のない番外地や係留した船の上等では不可となります。
また、特定した営業所であっても有効な使用権原が要求されます。
古物商の許可を取得する申請者本人が所有する物件の場合には、不動産登記簿謄本を疎明書類とします。
他人から賃貸借で借りている物件の場合には、不動産賃貸借契約書が必要です。このとき、賃借目的物の表示に古物商営業所としての使用が明文化されていなくてはなりません。
つぎに、古物商の許可を規定する古物営業法上の欠格要件を確認します。
欠格要件をクリアできるようでしたら、古物商の許可取得に近づきます。
古物商免許資格取得の申請には、株式会社等の法人申請と、個人事業主や副業で古物取引を行う方のための個人申請とがあります。
古物商免許資格取得の法人申請の場合、定款、登記簿謄本、役員全員と営業所責任者の住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書等が、
また、取り扱う古物の種類が自動車いわゆる中古車販売業の場合には、売買する車両を保管する場所の使用権原書類が必要です。
この使用権原書類は、営業所のばあいと同様に考えます。
各種証明書類の種類も多様で時間と労力がかかる面倒な手続ですので、古物商免許資格取得申請書作成なら当古物商免許資格取得申請書作成代行センターをご利用ください。

古物申請書類作成お申込み
古物商
古物
当サイト「古物商免許資格取得申請書作成代行センター」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。
  • 古物商免許資格取得申請の必要書類
  • 古物商免許資格取得とは?
  • 古物商免許資格取得の流れ
  • どのくらい期間がかかるのか
  • どのくらい費用がかかるのか
  • お客様の声
  • 個人情報保護の取り組み
  • 顧問契約のご案内
  • 事務所概要
よくあるご質問
書類作成お申し込み
古物市場
古物商
中古車販売会社設立
各都道府県別手続ご案内

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


古物商免許資格取得申請書作成代行センター