古物商免許資格取得書類作成代行サービス




鳥取県の古物商免許資格取得申請書

古物商免許資格取得とは
● 古物商免許資格取得証を早く安く取得したい……。
● 自分でやろうと頑張ったけど、2週間経ってもまだ出来ない。
● 警察署で古物商の質問されても答えられない……。
● 登記されていないことの証明書、略歴書、身分証明書って何?
● ダウンロードした古物商免許資格取得申請書で手続したら、書式が違うと言われダメだった。
● 自分で書類作って持っていったけど、受け取ってもらえなかった!
● 自分でできる!というサイトを見たけど、実際やってみるとできない……。

そのお悩み、新日本総合事務所の古物商免許資格取得申請書作成サービスが解決致します!

●最短翌日には古物商免許資格取得申請OK!
●古物商免許資格取得申請書は完成してるから、あとは履歴書書くだけ!
●記入方法と指示が明確だから、だれでも簡単!
●最短・最速スケジュールで古物商免許資格取得取得可能!
●業界No.1クラスの速さ安さ&クオリティを実現!
●しかも「古物商成功マル秘ファイル」がもらえる!
●登記されていないことの証明書等の取得代行もできます!(オプション)

 沢田健二(仮名)さんは、鳥取県大山町在住で湯梨浜町の会社に勤める会社員。パソコンを自分で組み立てるPC自作が趣味。最新スペック物のパーツは秋葉のショップから買うが、遊びで作るサブマシンはネットオークションから安く仕入れる場合も多い。そんなことをしているうちに自分も要らなくなったパーツやPCをオークションに出して小遣いを稼ぐようになった。すると、中古品を仕入れたり売却したりするのは古物商の許可が必要だと書かれているのを見つけた。

 「古物商免許資格取得が必要って、中古パーツを集めてPC組んで売るのも古物の売買だから該当するのか。しょうがないけど、古物商の許可を取得するか。」

 沢田さんは、そのまま古物商免許資格取得をググってみたら、警察のホームページが出てきた。読んでみると、古物商と古物市場主とか、質屋営業許可とか色々書いてある。

 古物商と古物市場主ってどう違うんだ?自分は金を貸すことはないから質屋営業の許可は関係ないはずだよな、と思って調べていくと、営業所の条件とか、登記されていないことの証明書とか、普段運転免許証で済ませている身分証明書ではダメだとか、なんだか細かいことが色々出てきて混乱し、警察への苦手意識もあって結局訳が分からなくなり、整理ができなくなって許可を取得することができませんでした。

 少し経って、友達から「インターネットとメールと年賀状の印刷だけ出来ればいいから、安いパソコン作ってくれよ」と頼まれてオークションサイトをみると、古物商免許資格取得番号を入力する欄があって止まってしまった。「そうだ早く古物商免許資格取得を取得しなくちゃ。」 他に何かいい方法はないかと思って調べたら、新日本総合事務所という行政書士事務所が格安の古物商免許資格取得申請書作成の代行サービスをしているのを見つけて申し込んだ。

 すると、次の日には一通り記入が出来ている古物商免許資格取得の申請書が送られてきて「ここに認印を押してください。」と分かりやすく案内されている。本人が記入する履歴書だけ作って書類は完成!面倒くさかった「登記されていないことの証明書」と訳が分からなかった「身分証明書」も取得代行してもらって、翌週会社の昼休みに古物商の許可申請書と一緒に送られてきた「かんたん手続案内」の通りに申請したら、無事申請を受け付けてもらって帰って来れた。
 会社を一日も休まずにたった7,800円の料金で古物商免許資格取得の手続ができた!「へぇ〜、こんな便利な古物商資格の取得サポートサービスがあったのか。新日本総合事務所って便利だな、知らなかった。」と感心した。
 その後、もちろん沢田さんは無事古物商免許資格取得を取得することができて、オークションに古物商免許資格取得番号も表示して「信用して入札してもらえるようになりました!」とお礼を言っていただきました。

こちらこそ、お役に立てて嬉しく思っています。
また何かありましたら、よろしくお願いします。

古物商

何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の北海道古物商免許資格取得書類作成代行サービスをご利用ください!



インターネットオークション・金券ショップ・中古車販売店・リサイクルショップ・古本屋・古着屋等々、みなさんもお店を利用したことがあると思います。
このように店舗を構え、古い物の販売・及び買取りを行う職種全てを古物商と言うのです。
古物商免許資格取得を得るためには、古物商免許資格取得申請を警察署経由⇒都道府県の公安委員会に対して申請する必要があります(警察署=その古物商のある店舗を管轄する警察署)。
ちなみに古物は、次の13品目に分類されています…
(1)美術品類
(2)衣類
(3)時計・宝飾
(4)自動車
(5)自動二輪車及び原動機付自転車
(6)自転車類
(7)写真機類
(8)事務機器類
(9)機械工具類
(10)道具類
(11)皮革・ゴム製品類
(12)書籍
(13)金券類…

古物商免許資格取得
古物商免許資格取得の法人申請書類
古物商免許資格取得の個人申請書類
営業所の管理者の決定
関係者全員の住民票
関係者全員の履歴書
関係者全員の身分証明書
関係者全員の登記されていないことの証明書
事務所が賃借の場合は、賃貸借契約書のコピー
株式会社等の法人の場合は、定款と履歴事項全部証明書
古物商免許資格取得申請に関する書類について

個人で古物商免許資格取得申請を行うには、様々な書類を提出する必要があります。
1.誓約書(個人用と管理者用の2通必要です。) 
2.略歴書(ここには過去5年にさかのぼった職歴を記載してください。)
3.住民票(必ず本籍地記載の書類を提出してください。外国の方であれば、住民票の変わりに外国人登録記載事項証明書を提出してください。)
4.身分証明書(必ず本籍地がある役所で取得してください。外国の方の身分証明書は入りません。)
5.登記されていないことの証明書(「古物商を始めるための条件」でも少し話しましたが、成年被後見人・被保佐人・被補助人として登記されていないことを証明する書類を指します=精神に障害を負っていない・十分な判断能力がある人。これは法務局で取得してください。)
6.顔写真(最近の写真を貼ってください。)
7.住所歴(過去5年さかのぼった住所を書いてください。住所歴は地域によって、入らないこともあります。)
8.事務所の所有権を証明する資料(土地や建物の登記簿謄本、賃貸契約書等々を提出してください。)
9.使用承諾書(古物商の営業所が賃貸物件である場合、また他人の所有物件である場合、賃貸契約書とは別に使用承諾書が必要な地域もあります。)
10.事務所の見取り図(正確なものでなく、手書きの簡単なものでも大丈夫です。)
11.事務所周辺の地図(営業所〜最寄りの駅までの地図。)
12.URLの使用権を証明する資料(古物商のホームページを作成し、そのURLの使用権が誰のものであるか明確にわかるものを提出してください。)

株式会社等の法人が古物商免許資格取得申請を行うには、さらに次の書類を提出する必要があります。
13.履歴事項全部証明書(登記簿謄本)
14.定款
尚、1〜6の書類に関しては全国共通です。また管理者を別に立てる場合、管理者自身の2〜6の書類も必要になります。あと7〜12の書類に関しては、管轄の警察署によって必要・不必要の場合があります。きちんと管轄の警察署と話し合っておくべきです。
このように古物商免許資格取得申請に関する書類を文章として記載すると、「簡単に申請できる!」と思われるかもしれません。しかし、いざ提出書類をチェックした時、様々な不備が生じ、想像以上に時間の労力・精神的ストレスを負ってしまいます。
古物商の業務をスムーズに運ぶためにも、新日本総合事務所といったプロの行政書士事務所に依頼する手段を考えるべきです。

何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の鳥取県古物商免許資格取得書類作成代行サービスをご利用ください!


古物申請書類作成お申込み
古物商
古物申請
当サイトなら3ステップで簡単申請!
お名前とご住所は住民票上の正しいものをご記入ください。パソコンに表示できない旧字体のお客様はFAXにてお申込みください。決済確認後に書類を作成・発送します。
お送りしました申請書類にご記入・ご署名の上、営業所の管轄警察署で申請ください。古物商免許資格取得申請窓口はこちら

申請が終えましたら、モニターアンケートのご返信をお願いします。
許可要件をクリアしたら40〜50日程度で古物許可が出ます。
古物商免許資格取得申請窓口はこちら
許可が出て古物商免許資格取得証を取得したら古物商免許資格取得プレートを作成してください。
骨董買取等の古物営業スタート!
項目 費用
通常申請書作成料


モニターキャンペーン
申請書作成料
16,000円


モニターキャンペーン適用で
7,800円!
   
印紙代 19,000円
(都道府県によって異なる場合があります)
古物商プレート代
(許可取得後、営業所に掲示が必要)
3,500円程度〜
住民票取得代行

住所地の市区町村役場で取得する証明書です
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
4,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)
身分証明書取得代行

本籍地の市区町村役場で取得する証明書です
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
4,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)
登記されていないことの証明書取得代行

本籍地の各都道府県地方法務局で取得する証明書です
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
4,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代850円+申請手数料3,150円)
登記簿謄本取得代行

本店管轄の法務局で取得する証明書です
(※株式会社等法人のお客さま向けサービス)
4,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代700円+申請手数料3,300円)
証明書3点セット!

住民票・身分証明書・登記されていないことの証明書の取得代行(※申請先がすべてバラバラの各証明書を一括取得代行するサービス)

各証明書取得を個別にご依頼いただくより2,000円お得です!!
10,000円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代2,550円+申請手数料7,450円)
書留配達証明郵便
(※レターパックで免許証等を送るのが不安な方向けサービス)
3,000円
(手続実費1,680円+手数料1,470円)
配達時間帯指定
(※お忙しい方向けサービス/ゆうパック利用)
1,000円
(手続実費・郵便代680円+手数料320円)

行政書士 新日本総合事務所の古物商免許資格取得書類作成代行サービスなら、書類作成が7,800円!
※ホームページからお申込み・決済確認後に書類を作成・発送します。

何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の鳥取県古物商免許資格取得書類作成代行サービスをご利用ください!


古物申請書類作成お申込み
古物商
古物
当サイト「古物商免許資格取得申請書作成代行センター」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。
  • 古物商免許資格取得申請の必要書類
  • 古物商免許資格取得とは?
  • 古物商免許資格取得の流れ
  • どのくらい期間がかかるのか
  • どのくらい費用がかかるのか
  • お客様の声
  • 個人情報保護の取り組み
  • 顧問契約のご案内
  • 事務所概要
よくあるご質問
書類作成お申し込み
古物市場
古物商
中古車販売会社設立
各都道府県別手続ご案内

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

サービス取扱い地域
鳥取県: 鳥取市、米子市、倉吉市、境港市、岩美郡、岩美町、八頭郡、若桜町、智頭町、八頭町、東伯郡、湯梨浜町、三朝町、琴浦町、北栄町、西伯郡、南部町、伯耆町、日吉津村、大山町、日野郡、日南町、日野町、江府町

古物商免許資格取得申請書作成代行センター