軽貨物運送業経営届出センター



貨物軽自動車運送業事業経営届出申請について

貨物軽自動車運送事業経営届出
何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送会社設立サポートサービスをご利用ください!
 私の住んでいる街でも、荷物を運送している軽トラックの姿をよく見かけます。
長期不況の世相を考えると、軽トラック1台で誰でも始められる軽貨物自動車の運送業(個人事業主事業)は、顕著な業績を伸ばしている現状にあります。
貨物軽自動車運送事業とは、「軽トラック・二輪の自動車(125ccを超えるバイク)」を運送用の手段として、依頼主の荷物をお届け先まで運送する仕事を指します。
そして運送業(貨物軽自動車運送事業)を開業するに当たって、様々な許可・届出といった登録をしなければなりません。
[登録先=国土交通大臣(あるいは地方運輸局長・地方運輸支局長)]
貨物軽自動車運送事業を始めるにあたって
 みなさんが思っている自動車運送業:大型トラックが数台必要(その購入代金や駐車場代)・FC(フランチャイズ)に加入しなければならない、そして自賠責保険といった様々な保険加入・店舗確保のための初期費用等々・・・自動車運送業をするにはかなりの費用(借金)が掛かるというイメージを持たれているかもしれません(大型トラックなどを運送として使う場合、一般貨物運送事業による様々な手続が必要になります)。
しかし、軽トラック・125ccを超えるバイクを使う運送業=貨物軽自動車運送事業の場合には、初期費用はかなり小額で抑えられます。
何故なら、貨物軽自動車運送事業は社員1人(つまり事業開業者のみ)で始めることができるからです。(そして、中古の軽トラックを購入するとか・・)
人件費もかからず、仕入・在庫等々の問題も必要ありません。
準備しなければならないこと、それは国土交通大臣(あるいは地方運輸局長・地方運輸支局長)に届出手続を行い、それに伴い事業用の黒ナンバープレートを取得するだけなのです。
つまり、貨物軽自動車運送事業は一般貨物運送事業に比べ運行・車両整備といった責任者(開業者)に対する資格要件がゆるく、個人事業主として非常に取り組みやすい事業形態だといえるのです。
様々な届出手続きをした後、念願の運送業がスタートします。あなたは、晴れて個人事業主(=社長)です。
しかし、ここからが腕の見せ所です。
運送業が動きだせば、配送に掛かる必要経費はもちろんのこと、ガソリン代・高速料金・定期的な軽トラック整備諸費用・様々な保険代・携帯電話といった通信費等々、個人事業主である社長がすべて支払わなければなりません。
また一からのスタートであるため、自分自身の会社に対する創意工夫も必要になります。
例えばチラシや名刺・自社のホームページ作成といった広告媒体に対する諸経費も必要になってきます。
実際、個人で運送業をしている人の様々な情報を得ることで、毎月の売上予定はもちろんのこと、毎月の諸経費(生活費も含む)も入念に計画した上で運送業を開業するべきだと思います。
そこにはサラリーマン時代とは違った自分も発見できます。
頼りになるのは、自分自身の熱意・努力です。
様々な部分でシビア・客観的な計画性を立てる・・・それが出来れば、あなたは必ず運送業として、しっかりとした道を歩んでいけます。
何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の貨物軽自動車運送会社設立サポートサービスをご利用ください!
書類作成お申し込み
貨物軽自動車運送事業経営届出
当サイト「軽貨物自動車運送会社設立サポートセンター」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。
  • 軽自動車運送業の必要書類
  • 軽貨物自動車運送業とは
  • 貨物軽自動車運送事業経営届出のながれ
  • どのくらい期間がかかるのか
  • どのくらい費用がかかるのか
  • お客様の声
  • 個人情報保護の取り組み
  • 顧問契約のご案内
  • 事務所概要
よくあるご質問
書類作成お申し込み
軽貨物
各都道府県別手続ご案内

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


軽貨物自動車運送会社設立サポートセンター