KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP会社設立・起業・独立塾 [ 個人事業か合資会社か有限会社か株式会社か ]

個人事業か会社か

会社設立・起業・独立塾

会社設立・起業・独立塾

5.個人事業か合資会社か有限会社か株式会社か

いざ起業しようというとき、どんな形態でやればいいのか悩みませんか?

「個人事業」「合資会社」「合同会社」「株式会社」いろいろ方法が選べます。種類はたくさんありますが、では自分にとって一番いいのはどれか誰も教えてくれません。一体どの方法が一番良いのでしょうか。

個人か?それとも会社か?

個人事業のメリット・デメリット

<メリット>
・開業の時期、場所を選ばない
・会計処理、決算が簡易
・事業変更も自由
<デメリット>
・債務の無限責任
・社会的信用が高くない
・所得税が累進課税

合資会社のメリット・デメリット

<メリット>
・資本金の規制がない
・個人にくらべて社会的信用が高い(SOHOにおすすめ)
・法人税は定率課税
<デメリット>
・出資者は無限責任
・会社設立や事業内容の変更等に手続が必要
・会計処理、決算が大変

株式会社のメリット・デメリット

<メリット>
・出資者の数に制限なし(広い出資者の募集が可能)
・社会的信用は一番高い
・出資者は有限責任
・株式の譲渡は原則自由
・法人税は定率課税
<デメリット>
・会社設立や事業内容の変更等に手続が必要
・取締役会、株主総会の開催
・役員の変更登記、重任登記が必要
・会計処理、決算が面倒
・決算ごとに貸借対照表と損益計算書の公告が必要

結局どうするのか?

株式会社・合同会社の出資者は有限責任です。もし倒産した場合でも出資者は出資した範囲でのみ責任を問われます(出資金が返ってこない)が、個人事業・合資会社は無限責任で最終的に責任を負わなければなりませんので、できれば株式会社か合同会社が望ましいといえるでしょう。ただし新規商品などで将来性が不明の場合、大規模のビジネスの前にテストマーケティングをしたい、会社設立時に十分な出資金が集まらない等の場合には、個人事業や合資会社も選択肢のひとつとして検討すべきでしょう。
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法