KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP起業独立マーケティング [ プロダクト・ライフ・サイクル(PLC) ]

プロダクトライフサイクル

起業独立マーケティング

2.プロダクト・ライフ・サイクル(PLC)

プロダクトライフサイクル
プロダクト・ライフ・サイクル(Product Life Cycle、略してPLC)とは、どんな商品にもライフ(寿命)がありその普及・浸透の度合いによって、市場におけるプレーヤー(企業)の執るべき戦略が変わるという、事業戦略を考える上での基本となるフレームワークです。
プロダクトライフサイクルは、導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つに分けて考えることが一般的であり、下に掲示するマーケティング戦略の策定図においては1番のマーケティング環境分析に相当します。
マーケティング戦略
PLCの各段階での市場特性と事業活動上の特徴として、以下のことが言えます。

@導入期:需要は小さい。新商品・サービスの認知度が低いので、マーケティング費用がかさむ。
A成長期:需要は大きくなり売上高が急速に増大する。
B成熟期:消費者の大半が購入済で市場が飽和状態。売上高は成長から鈍化へ向かうので、利益が低下。
C衰退期:売上・利益ともに減少。事業の選択と集中や撤退などの選択が必要。M&Aなど。

プロダクト・ライフサイクルを基礎に事業戦略を策定する場合、市場における技術の浸透をみるテクノロジー・ライフ・サイクル(Technology Life Cycle)というよく似たフレームワークの市場シェアをベンチマークとして使用する場合があります。この考え方からすれば、導入期から成長期への移行にはキャズムといわれるギャップがあり、このキャズムを越えた商品は成長期に進んだと捉えられます。

特に起業や独立といったリソースが限られるベンチャーが市場参入する場合、A成長期は市場が急拡大し参入するプレーヤが増えて競争が激化することから、@導入期またはB成熟期を選んで事業をスタートさせることが一般的です。但し、もちろんこれでは成長期の追い風を受けられないという見過ごすことのできないデメリットがありますので、市場やサービスを変えて考えてみることが大切になります。

PLC、TLCともに、事業環境と経営戦略を策定するための基本となりますので、新規事業の検討の際には必ず出来るようになっておくことが必要です。
起業独立マーケティングフレームワーク無料ダウンロード
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法