KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP合同会社(LLC)設立 [ 会社の法人実印印鑑作成 ]

合同会社(LLC)の法人印

合同会社(LLC)設立

合同会社設立

3.会社の印鑑作成

次にしなければならないこととして、「会社の印鑑作成」が挙げられます。

印鑑は株式会社同様、合同会社設立の際も必要になります。登記申請の時、法務局に登録=「会社の実印」としてみなされ、最も重要な印鑑になります。
そして印鑑(実印)を作る際、注意しなければならないことがあります。
というのも合同会社の印鑑(実印)と株式会社の印鑑(実印)には、ちょっとした違いがあるからです。

1つは、大きさの規制です。
一辺の長さが1cm以上〜3cm以内で、正方形に収まる形でなければなりません。

そして、もう1つは印に彫られている字です。

株式会社の印鑑(実印)の場合、真ん中に「代表取締役之印」、その回りに会社名が入っています。
しかし、合同会社の印鑑(実印)は少し違います。何故なら、合同会社には取締役という概念がないからです(代表取締役の印は必要ありません)。合同会社は、「代表社員之印」を入れなければならないのです。(株式会社の印鑑は作成していても、合同会社の印鑑を作成したことがないハンコ屋も多いと言われています。)

また合同会社にも会社の実印以外に、銀行印・角印を作成することをお勧めします(必ず作成しなければならないという義務ではありません)。

銀行印とは、字の如く銀行などの金融機関の届出印として使用・現金の引き出し・手形や小切手に使用する重要な印鑑です。

角印とは、日常頻繁に発行する請求書・領収書に押印する印鑑です(日々、細々とした書類すべて)。

先ほど、「銀行印・角印を作成する義務はない」と言いました。しかし金融機関やすべての書類などに、会社の実印を使用することは好ましくありません。
何故なら、紛失の可能性(実印が外部へ持ち出される)もあるからです。

会社代表印は、非常に重要な印鑑であるので、できることならしっかり管理された状態にすることがベストだと思います。
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法