KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP合同会社(LLC)設立 [ 官公庁への書類届出 ]

合同会社会社設立届等

合同会社(LLC)設立

合同会社設立

7.諸官庁への届出

合同会社として登記申請も受理…これで会社も無事設立です…でも、これで安心してはいけません。
何故なら、最後にしなければならないことがあるからです。

それは合同会社設立(法人設立届)を報告する書類を、決められた期日内に税務署に提出することです。
(合同会社設立後、法人設立届を税務署だけでなく、都道府県税事務所・市町村役場にも提出しなければなりません)

提出する書類は法人設立届(必須)以外に、次の書類も必要です。

・給与支払事務所等の開設届出書…(給与の支払いが発生しないのであれば不要ですが、税務署の見解として提出してほしい書類)

・青色申告の承認申請書…(給与支払事務所等の開設届出書同様、必須ではありませんが、節税のため100%申告)
東京23区内に設立された合同会社は、都税事務所に市町村役場に納める市町村民税も一括して納めるようになっています。

それと法人設立届・給与支払事務所等の開設届出書・青色申告の承認申請書を提出する際、会社の「登記簿謄本(=履歴事項全部証明書)」も必要になります。
登記簿謄本(=履歴事項全部証明書)+代表の印鑑証明書は法務局で交付されます。
これはいろいろ提出する事があるので、5通程度合った方が便利だと思います。

また当然の事として、合同会社設立後に社会保険加入手続きも行ってください。
必要な書類は、次の3つです

・新規適用届
・被保険者資格取得書
・被扶養者届…

諸官庁への届出も無事完了…これで晴れて合同会社が設立されたわけです。

あとは社員一同が営利追求を目的として、起業を成功させる
…そして、自身の夢の実現を叶えるだけです。
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法