KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP合同会社(LLC)設立 [ 会社の資本金払い込み ]

合同会社資本金の払込み

合同会社(LLC)設立

合同会社設立

5.会社の資本金払込

合同会社の社員は定款の作成→登記をするまでに、資本金払込(出資金)をしなければなりません。
(ちなみに合同会社の社員が出資できるものは、金銭・その他の財産(現物出資)に限られています)

そして株式会社の資本金払込(出資金)と最も違う部分として、払込取扱機関とされていないことにあります。つまり、間違いなく出資金が払い込まれていれば問題ないのです。しかし「払込があったことを証する書類」等々が必要となるため、実際は株式会社同様に金融機関に払込むことが無難だといえます。

ここで、合同会社の出資金についての取り決めを明記します。

○出資金をまとめて振り込んではいけません。合同会社の社員=出資者であるため、各々の個人名が明記されるように振込で入金処理しなければなりません(誰がいくら出資したか明確にするため)。

○上記で明記した「払込があったことを証する書類」等々として、次のいずれかの書類を準備しなければなりません。
・払込金受入の証明書
・払込取扱機関における口座の預金通帳の写し(通帳の表紙・裏面=銀行名・口座番号・名義人が記載されている部分)
・取引明細表その他払込取扱機関が作成した書面

○合同会社の資本金払込(出資金)ができる機関として…
・銀行
・ゆうちょ銀行
・信託銀行
・信用金庫および信用金庫連合会
・信用協同組合
・農業協同組合
・商工組合中央金庫
・労働金庫・労働金庫連合会

があります。

また最近では、「通帳を作成しない金融機関=インターネット銀行」が多く見受けられます(金融口座のみ必要)。もちろん個人としての金融機関であれば、全く問題もありません。しかし会社設立の場合=「資本金払込(出資金)は通帳に記載されなければならない」ことが、大前提にあります。つまり、インターネット銀行の画面を印刷したものでは、代用することができないのです。
仮に今まで通帳が存在しない金融口座(インターネット銀行)しか持っていないのであれば、銀行のように通帳記入もできる口座を作成する必要があります。
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法