KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP2倍のスタートダッシュを決める創業融資 [ 面接とプレゼンテーション ]

面接とプレゼンテーション

2倍のスタートダッシュを決める方法

2倍のスタートダッシュを決める創業融資

4.面接とプレゼンテーション

さぁ、いよいよ日本政策金融公庫の面接です。

しかし様々な申込書を持参して、すぐに面接をしてもらえるわけではありません。

提出後1〜2週間程経過すると、日本政策金融公庫の面接担当者から、事前に電話連絡(もしくは文書)があります。
面接には、事業計画書や様々な書類について質問があります。事前に予想質問を想定して、きちんと答えられるようにしておく必要もあります。
もちろん、予想質問にない細く説明を求められる場合もあります。その時は慌てず、1つ1つ丁寧に説明するように心掛けてください。

また質問以外に、面接に臨むうえで注意しなければならないことがあります…

○きちんとした身なりで、しかも1人で面接を受けてください(服装・言葉づかい等々、社会人として最低限のマナーは言うまでもありません)。

例えば完全に経営コンサルタントに任せているのであれば別ですが、フォロー的な役割でもう1人帯同させる場合、フォロー者が雄弁に話をする場合が多いのです。日本政策金融公庫の面接担当者はこう考えています…「事業主から話を聞きたい。」「フォロー者ばかりが話をして、事業主は本当に理解しているのだろうか。」…要するに、事業主に対して不安感を覚えてしまうのです。雄弁でなくとも、事業主がきちんと丁寧に話せば、内容は必ず伝わります。日本政策金融公庫の面接担当者が知りたいこと…事業計画書の内容もそうですが、事業主の人となり(ウソをつかない)も知りたいのです。とにかく、出来うる限りの情報提供を行ってください。 ここに日本政策金融公庫の面接に際して、参考になるマニュアルがあります。改めてこの参考を読み、頭にインプットしてください。

○出来る限り、事業主が面接に出向き説明を行ってください。

○現状の事業内容を、隠すことなく説明してください。

○融資金額の使い道を明確に説明してください。
・融資の必要性と返済計画
・何故、資金が不足するのか
・設備投資がある場合、設備が出来ることでどのような効果がもたらされるか
・無理のない返済計画になっているか等々…
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法