KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP2倍のスタートダッシュを決める創業融資 [ 会社設立時から2倍のビジネスでスタートする! ]

現役MBA講師が教える起業独立で2倍のスタートダッシュ

2倍のスタートダッシュを決める方法

2倍のスタートダッシュを決める創業融資

会社設立時から2倍のビジネスでスタートする!

もしあなたが独立起業して会社を設立しようとするとき、資本金はいくらにしますか?
または、立場を代えて、私は会社設立のお手伝いをするとき、よくこんな質問を受けます。

「会社の資本金はいくらにしたらいいんですか?」

そうですよね。新しく会社を始めるときに資本金をいくらにするかは大問題ですが、しかし誰も教えてくれません。ネットにも書いてありません。答えは自由です。

しかし、新規事業で市場に打って出るのに、自由ですと言っていくらでもいいというのは、法律的には正しい答えであっても経営的には正しい答えではありません。

資本金はいくらがいいのかというご質問をいただいたとき、いつも私の答えは「事業の予算はいくらですか?」というものです。なぜならば新規事業を成功させなくてはならないときに、最低限必要となる予算がなければ事業が立ち上がらないからです。もちろん、予算が青天井でいくらでも用意できるのなら頭を使う必要はありませんが、もしそうならそもそも事業を行う必要がないでしょう。すなわち、どんな企業であっても事業には予算があります。

独立起業といった場合の会社設立のとき、新しい会社にお金を出してくれるのは社長と仲間と親戚縁者である場合が多く、いきなり銀行が株式を持ってくれたり、VC(ヴェンチャー・キャピタル)が出資をしてくれたりで資本金が数億円といったことは滅多にありません。むしろ、起業に向けて少しずつお金を貯めた数百万円ということの方が多いでしょう。

ではここで、500万円の資本で事業をスタートするAさんと、1000万円の資本で事業をスタートするBさんがいたとします。

AさんもBさんも同じ商圏で同じ事業を行うとして、どちらが有利だと思いますか?

みんなBさんが有利だと思いますね。小学生でも同じように答えるでしょう。なぜならば、事業の予算が2倍だからです。
事業の予算が2倍なら、同じ機械を導入するならより高性能なもの、同じ広告宣伝をするなら2倍以上の商圏や充実した表現、もしかしたら「おまけ」のようなノベルティが付けられるかもしれません。このときAさんとBさんが競争したらBさんが有利なのは当然ですよね。

そんなこと当たり前です。当たり前ですが、もしみなさんがAさんの立場だったら「予算がないんだから仕方がない」といって弱気になって諦めてしまう方が多いのです。

しかし、私は「まったく諦める必要はない」と思います。

なぜなら頭を使えば、AさんもBさんのように1000万円のビジネスが可能だからです。
その答えは融資を受けることです。

融資とはお金を借りることですから借金です。借金というと消費者金融の厳しい取立てのイメージか悪い印象の言葉に聞こえてしまいがちですが、あれは消費目的(すなわち生活やレジャー)にお金を借りるから金利が10%以上と高くて返済が大変なのであって、事業目的で資金を借入調達をする場合の金利は公定歩合+3%程度です。今の時代、公定歩合はほとんど0に近いわけですから、わずか数%の金利で大規模な資金を調達することができます。

例えば500万円の資金を3%の金利で5年間返済の条件で借りるとすれば、515万円を5年間掛けて返せばよく、それまでに返せるだけのお金を稼げばいいわけです。

どうですか?Aさんだってそれほど難しくなくBさんになれるのです。
ちなみに月額に引き直すと8万6000円ほどです。

おなじ独立起業で会社設立をするなら、Bさんになって事業をした方がはるかに有利です。

もし、今ある手持ちの自己資金の2倍の規模で事業をスタートさせたい方は、ぜひこのサイトを隅から隅まで読んで会社設立と融資申込のご相談をください。十分なノウハウでバックアップします。
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法