KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP2倍のスタートダッシュを決める創業融資 [ 事業企画書の作成 ]

開業起業で2倍のスタートダッシュを決める

2倍のスタートダッシュを決める方法

2倍のスタートダッシュを決める創業融資

1.事業企画書の作成

KSF株式会社設立のサイトでは、事業計画書の作り方を専門に特集しています。

そちらにも書いていますが、事業企画書というのは提出先によって記載内容が異なることが一般的です。つまり、新規事業の創業融資を受ける際に必要となる事業企画書とは、専用の用紙に独特の書き方で作らなくてはなりません。そこがこのページを設けている理由です。

では、具体的にどのような事業企画書を作ればいいのかということに移りますが、まず最初にどこでも通用する一般的な事業企画書を作り、その後で創業融資の申込みに使う創業計画書にアレンジするという2段階を踏む必要があります。

この部分で、いきなり創業融資の創業計画書を作ったり、事業計画書の作成を代行をサービスするところがありますが、誰かに作ってもらった計画書を金融機関に持っていったとき、内容を理解していなければ、先方から質問されたときに答えられなかったため融資が受けられなかった、という失敗例があります。

このような失敗を防ぐには、創業者が事業計画の内容を理解して頭のなかのイメージと紙に書かれていることが一致していることが必要です。

そのために、@一般的な事業計画書を作る、

事業計画書

A金融機関専用の創業計画書にアレンジする、
創業計画書
という2段階のステップが大切になるのです。

会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法