KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP株式会社設立 [ 定款作成と公証役場での認証 ]

定款の作成・認証

株式会社設立

株式会社設立

3.定款の作成・認証

会社の目的・会社名も決定、会社の印鑑も手配済み…次にしなければならないこととして、会社を運営していく上で必要な基本的ルール=定款を作成する必要があります。

ここで定款について少し触れてみたいと思います。
定款=会社の憲法とも言える重要な役割を担っています。

定款は発起人全員で作成する義務があり、発起人全員が署名押印しなければいけません。そして発起人全員で作成した定款は、公証人役場で認証を受けることになります。認証されて初めて、定款が動き出すのです(その時点で、法的効力を持つことにもなります)。
とにかく、定款はしっかり吟味して作成しなければなりません。というのも、定款が一度認証を受けてしまうと訂正が効かないからです。会社の憲法とされる定款の作成は、それほど会社の基幹を成す役割を担っているのです。

また、定款に記載する内容には、3つの事項があります。
@絶対的記載事項
A相対的記載事項
B任意的記載事項

@絶対的記載事項…
定款に必ず記載されなければならない事項を指します(商号・本店・目的等々)。絶対的記載事項が明記されていなければ、定款自体の効力も失われます。

A相対的記載事項…
絶対に定款に記載する必要を伴わない事項を指します。しかし記載しなければ、当然の如く無かったものとして扱われます。会社内で規定を生じる場合(株式の譲渡制限等々)、定款に記載するべきだと思います。

B任意的記載事項…
定款に記載してもしなくても、どちらでもよい事項を指します(決算期・役員に関すること等々)。
上記に「定款を公証人役場で認証を受ける」といいましたが、定款に作成する内容以外に提出するルールがあることも覚えておく必要があります。

○定款の用紙は、通常A4・またはB4サイズの上質紙を2つ折りにして使わなければならない。

○定款部数は、同じものも3つ必要とします(公証役場保管用・会社保存用原本・登記所提出用謄本)。そして作成した定款には、必ず代表取締役の印・発起人全員の実印が必要です。

最後に、定款認証に必要な書類一覧を明記しておきます。

・定款
・印鑑証明書
・収入印紙(40.000円分)
・認証手数料(50.000円分)
・謄本手数料(1枚につき250円)
・委任状(定款認証を代理人に依頼する場合、必要になります)
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法