KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOP株式会社設立 [ 株式会社を作る最大の意義 ]

株式会社設立

株式会社設立

株式会社設立

株式会社を作る最大の意義

2006年5月、新たに「新会社法」が設立されて以来、ある意味、誰でも会社を作る事が容易になったと言えます。
しかし私たちが会社を作るに至った時、しっかり考えなければならないことがあります。それは「何故、会社を作りたいのか?」という事です。
「上司と折り合いが悪い」「会社のやることと自分の考えが一致しない」「自信のあるビジネスで勝負してみたい」「男(女)たるもの、一度は社長と呼ばれてみたい」…
このように、様々な考えがあると思います。
また、そのような考えの中、会社を作る上で「メリット・デメリット」も考えなければなりません。

○会社を作るメリットとして…
・節税に繋がる
・事業に関する借金から解放される
・社会的信用が広まることで、取引幅が広がる
・仕事を組織的に捉える事ができ、より一層ビジネスを成長させることができる
・事業を継続させることができる等々…

○会社を作る上でのデメリットとして…
・会社設立、及び運営に資金が必要
・会社設立、及び運営に対して専門知識がないため1から学ばなければならない
・個人事業主が社長になるため関係者も広まり、それに対しての責任も重くなる等々…

このデメリットの中で、私たちが一番悩むこと…それは、会社を作る上での専門知識(どうやって作ったらいいのか?)がわからないことだと思います。
このサイトでは、誰にでもわかる「会社の作り方」を順をおって説明したいと思います。

最初に「何故、会社を作りたいのか(会社のメリット・デメリット)」に触れました。まとめとして、もう少し確信に迫ってみたいと思います。
会社設立のメリットとして、「節税」をメインに挙げました。もちろん、大事な要素であることは間違いありません。
確かに言葉の上で、節税=メリットかもしれません。
しかし実際のところ、どれだけ節税できるかは利益によって違ってくるのです。つまり会社設立をした時点では、節税=未知数なのです。

では、会社を作る最大の意義とは何なのでしょう。それは「信用」です。
世間を見渡してみてもわかるように、「法人」と「個人」の信用度合には大きな開きがあります。
もちろんできたての法人は、何でも信用できるわけでもありません。
しかし、法人は社会的にも会社の実態が「公」に証明されています(法人は法務局に登記されている)。
そして登記簿謄本を取得することで、誰でも会社の実情・内情を知るができるのです(個人の場合は、そういう訳にはいきません)。

「実態が公」⇒「内容を把握できる」⇒「法律に基づいている」…これによって、個人ではできない法人の信用度が増していくわけです。

自分自身の信念の元、本格的にビジネスを広げていこうと思うのであれば、法人にした方が物事が円滑に動きやすい…だからこそ、多くの人々が費用・時間等々を掛けて会社設立をするのです。
対外的な信用を得るためにも…ビジネスを広げるためにも…会社設立のチャンスを逃さないでください。
会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法