KSF株式会社設立 | 現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法
TOPKSF株式会社設立の会社設立ニュース/お役立ち情報 [ 商号は何でもいいのか? ]

KSF株式会社設立の会社設立ニュース/お役立ち情報

商号は何でもいいのか?

商号は何でもいいのか?
新会社法が制定されるまで、「同一市町村内」で同じ商号を付けることはできなかったため、
地域管轄の法務局まで出向いて、類似の商号がないか確認しなくてはなりませんでした。
しかし、現在は「同一の住所」に同じ商号がなければ登記できることになりました。
ただし、近くに似た商号で同じ事業をしている会社がある場合、「同一の住所」ではないからといって
同じ商号をつけるのは避けたほうがいいです。
不正競争防止法による商号使用の差し止め請求や、損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。
ですので、法律上は問題なくてもお客さまが混乱してしまうような商号や、わざと有名な企業の商号を付ける
といったことはやめておきましょう。

会社設立手続無料面談を申込む
 
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ 面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


「KSF株式会社設立」現役MBA講師が教える、独立起業で儲かる株式会社を設立する方法