回送運行許可申請書作成代行サービス



回送運行許可赤枠ナンバー申請について

回送運行許可赤枠ナンバーサポート
何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可申請書作成代行サービスをご利用ください!
回送運行許可とは
 木村拓也(仮名)さんは、東京は環八沿いで中古車屋を営む自動車販売業をしている。小さい頃からクルマが大好きで、大人になったら絶対ベンツに乗る!と決めて高校卒業後、某メーカ系自動車ディーラに就職。目標のベンツに向かって営業に明け暮れた。途中、バブル崩壊やITバブル崩壊の不景気があったものの、固定のお客さんもついて毎月の販売目標はクリアできるようになった。就職して十数年経ち、営業チームで主任をしていた彼に内示が出たのは店長職。「今までの努力が認められた」と嬉しくなる反面、「これからは、管理職だから責任は大きくなるし、残業代も付かないし、肩書きだけでいいことなんてないな」と内心底から喜べなかった。週に一度の休みの日、昼前にゆっくり起きてボンヤリすると「オレはベンツが欲しかったんじゃなかったのか?オレはベンツに乗りたかったんじゃなかったのか?」と疑問を持つようになり、正式な辞令が出る前に会社を辞めて独立した。
 木村拓也さんが独立して始めたオートガレージKは、もちろんベンツ専門店。最初から新車は無理だから中古車からスタートした。外車のなかの外車ベンツといえども、商品車は今やオークションでいくらでも仕入れられるし、新車保証が残っている個体なら、サラリーマンや20代のお客さんも買ってくれる。余分なカネやコネはなかったし、特別ベンツの経験もなかったけど、営業マンのときの繋がりでなんとか商売になってきた。
 ところが、ベンツならいくらでも仕入れられるといっても、最近のメーカはバリエーションが増えに増え、お客さんも欲しい車種だけならともかく、色までこだわるようになって結構めんどい。適当に出てくれる商品車を持っていないと商売が始まらないし、かといってお客さんがその個体で満足してくれるとは限らない。お客さんの希望を聞いて、程度そこそこの個体を引いてきて仕上げ、車検を通して売るようになった。

 すると、仕入れから販売までの間、クルマをあちこち動かさないといけないんだがナンバーがないんだよね。市区町村役場に行けば仮ナンバー出してくれるけど2、3日しか使えないし、そもそも出してもらうのに個体に自賠責が要る。これから外装とエアコン直して売ろうというのに、仮ナンバーの為に2、3日ごとに役所に行くなんてやってられない。仕上がりが来週ならナンバー発行だけで750円×3で2,250円も掛かってしまう。なにかいい手はないのか?

 こういうときに使えるのが「回送運行許可」です。ナンバーに赤枠がついている車両の回送専用のナンバー。業界ではディーラー・ナンバーなんていいますね。

 このディーラーナンバー(正式には「回送運行許可番号標」といいます)があれば、どの車検切れのクルマにつけても走行できますし、ナンバーに対して自賠責保険を掛けるから車両ごとの自賠責は不要にもなります。もちろん、許可を取得している期間中ならいくらでも使えますから、圧倒的に効率がいい。役所に何度も足を運ぶ手間ヒマは少なくなるし、その都度細かいナンバー代を払わなくても済む。つまり、費用と時間と労力が節約できて営業効率が上がって会社の業績もアップするのが、この回送運行許可なんです。
回送運行許可

何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可申請書作成代行サービスをご利用ください!
書類作成お申し込み
回送運行許可赤枠ナンバーサポート
当サイト「回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンター」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。
  • 回送運行とは
  • 回送運行許可基準
  • さまざまな役所手続
  • どのくらい期間がかかるのか
  • どのくらい費用がかかるのか
  • お客様の声
  • 個人情報保護の取り組み
  • 顧問契約のご案内
  • 事務所概要
よくあるご質問
書類作成お申し込み
求人会社
各都道府県別手続ご案内

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンター