回送運行許可申請書作成代行サービス:ディーラーナンバー取るなら迷わずこちらへ



福島県の回送運行許可申請窓口

・回送運行許可取得の際は申請者確認がありますので、お客様ご自身でお受取りください。
回送運行許可申請手続のくわしくはこちらをご参照ください

・福島県に営業所をお持ちの方が回送運行許可を申請・受取るのは営業所を管轄する各陸運支局です。
(自動車のナンバープレートを管轄する各地方の陸運局のことです。※運輸局本局ではありません。)

東北運輸局

 

 

青森運輸支局

青森市、弘前市、黒石市、五所川原市、むつ市、つがる市、平川市、東津軽郡、西津軽郡、中津軽郡、南津軽郡、北津軽郡、下北郡、上北郡(横浜町、野辺地町)

八戸自動車検査登録事務所

八戸市、十和田市、三沢市、三戸郡、上北郡(七戸町、下田町、東北町、百石町、六戸町、六ヶ所村)



何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の回送運行許可申請書作成代行サービスをご利用ください!
回送運行許可申請書類作成お申し込み
回送運行許可赤枠ナンバーサポート
ディーラーナンバー
当サイト「回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンター」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。


※赤枠ナンバー申請(回送運行許可申請)の最短日数について

当回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンターのページで表示している最短日数は、書類作成発送後、最短日数での配達受領を経て、当日に申請が受理される場合のベストエフォートの日数です。

実際のディーラーナンバー申請では、お申し込みされる日時、代引郵便物の配達と受領、登記簿謄本や住民票、古物商許可証等の各種証明書のご準備、各都道府県陸運支局窓口での受付や祝日等の各要素により、赤枠ナンバー申請から許可取得までの日数は変動します。

また各都道府県毎に表示の最短日数は、東京都新宿駅西口から書類を郵送し各都道府県庁所在地までの配達日数を日本郵便のホームページで調査したものです。
各都道府県庁所在地よりも遠方や山間地、島しょ地域の場合には、郵便配達日数が加算となりますので、予めご了承ください。ディーラーナンバーの取得は、回送運行許可を取得後にナンバープレートの貸与申請が必要になりますので、十分な余裕を持っての回送運行許可申請手続の準備をお願いします。

※ディーラーナンバー申請(回送運行許可申請)は公官庁に対する許認可申請であり、回送運行許可申請書類の作成や申請手続代行は国家資格を持つ行政書士でなければ行えません。ディーラーナンバーは、許可された事業者のみが使用できる重要な番号標であり公道を走行するものですので、行政書士登録のない無資格者や業者による違法手続をなされませんよう十分ご注意ください。虚偽内容での許可申請は不許可になるばかりでなく業法違反となり、多くの許認可において5年間事業が営めなくなり社会的信用を失います。回送運行許可申請書とディーラーナンバー取得なら、行政書士 新日本総合事務所の回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンターをご利用ください。

  • 回送運行とは
  • 回送運行許可基準
  • さまざまな役所手続
  • どのくらい期間がかかるのか
  • どのくらい費用がかかるのか
  • お客様の声
  • 個人情報保護の取り組み
  • 顧問契約のご案内
  • 事務所概要
よくあるご質問
書類作成お申し込み
求人会社
各都道府県別手続ご案内

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

サービス取扱い地域
青森県:青森市、弘前市、八戸市、黒石市、五所川原市、十和田市、三沢市、むつ市、つがる市、平川市、東津軽郡、平内町、今別町、蓬田村、外ヶ浜町、西津軽郡、鰺ヶ沢町、深浦町、中津軽郡、西目屋村、南津軽郡、藤崎町、大鰐町、田舎館村、北津軽郡、板柳町、鶴田町、中泊町、上北郡、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、おいらせ町、下北郡、大間町、東通村、風間浦村、佐井村、三戸郡、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村

回送運行許可赤枠ナンバー申請サポートセンター