二級建築士事務所登録申請書作成代行サービス




二級建築士事務所登録申請の必要書類

建築事務所登録

何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の二級建築士事務所登録申請書作成代行サービスをご利用ください!


建築事務所の法人申請書類
建築事務所の個人申請書類
まず、管理建築士の決定
事務所案内図(住宅地図等のコピーで可)
建築士免許証(証明書)の写し
専任証明(管理建築士の専任常勤を証明するもの。事業者名が記載された健康保険被保険者証のコピー・雇用保険被保険者証のコピー・住民税の特別徴収税額通知書のコピー等)
管理建築士講習修了証の写し
定期講習修了証の写し
株式会社等の法人の場合は、定款と履歴事項全部証明書
二級建築士事務所登録申請に関する書類について

個人で二級建築士事務所登録申請を行うには、様々な書類を提出する必要があります。
1.建築士事務所登録申請書
2.業務概要書(イ)(※新規登録の場合は不要)
3.所属建築士名簿(ロ)
4.略歴書(登録申請者)(ハ)
5.略歴書(管理建築士)(ハ)
6.誓約書(ニ)
7.建築士事務所の付近見取り図
8.建築士免許証(証明書)の写し
9.専任証明
10.管理建築士講習修了証の写し
11.定期講習修了証の写し

株式会社等の法人が二級建築士事務所登録申請を行うには、さらに次の書類を提出する必要があります。
12.定款の写し
13.商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
なお、書式に関しては各都道府県ごとに異なります。また管理者を別に立てる場合、管理者自身の5の書類が必要になります。あと9の書類に関しては、管理建築士の専任(常勤)を証明するものとして、健康保険被保険者証、雇用保険被保険者証、住民税の特別徴収税額通知書(いずれも事業者名と管理建築士の氏名が記載されているもの)等を用意します。もし、例示以外の証明書類を用いる場合には、きちんと建築士事務所協会と話し合っておくべきです。
このように二級建築士事務所登録申請に関する書類を文章として記載すると、「簡単に申請できる!」と思われるかもしれません。しかし、いざ提出書類をチェックした時、様々な不備が生じ、想像以上に時間の労力・精神的ストレスを負ってしまいます。
建築士の業務をスムーズに運ぶためにも、行政書士事務所といったプロのエキスパートに依頼する手段も考えるべきかもしれません。

何もかも自分で準備するのは、時間と労力の無駄です。
ぜひ新日本総合事務所の二級建築士事務所登録申請書作成代行サービスをご利用ください!


建築事務所登録書類作成お申込み
建築事務所登録
建築設計事務所
当サイト「二級建築士事務所登録申請書作成センター」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。
  • 建築事務所申請の必要書類
  • 二級建築士事務所登録とは?
  • 建築事務所の流れ
  • どのくらい期間がかかるのか
  • どのくらい費用がかかるのか
  • お客様の声
  • 個人情報保護の取り組み
  • 顧問契約のご案内
  • 事務所概要
よくあるご質問
書類作成お申し込み
建築設計事務所
一級建築士事務所登録
各都道府県別手続ご案内

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口

徳島 香川 愛媛 高知

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


二級建築士事務所登録申請書作成センター